教材・講座の評判・口コミ

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座の強みやメリット!口コミの評判はどう?【令和2年(2020年)版】

産能大プロカレッジ 宅建通信講座

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座の強みやメリットをまとめてみた

宅建士を目指すに当たり、自宅で好きな時間やタイミングで学習できる通信講座はとても効果的です。

スクールへの通学講座とは違い、わざわざ現地に足を運ぶ手間はありません。

産業能率大学プロカレッジは短期間でも合格を目指せるとの口コミも多く見られます。

どのような人に産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座が向いているのか見ていきましょう。

  • リーズナブルな費用の通信講座を利用して宅建の試験に合格したい
  • 不動産取引の基本となる法律知識をしっかりと習得したい
  • 独学で宅地建物取引士試験に失敗してしまった
  • スマホ対応動画講義(Web講座)ではなく、自分でテキストを読んで学習したい

この記事では、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座のポイントや特徴を詳しく解説していきます。

34,100円と費用が安く設定されている

「通学講座や通信講座は費用が高いから独学で宅建士を目指そう」と考えている方はいませんか?

確かに大手の資格学校の通学講座は、20万円近くの費用がかかることがあります。

しかし、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座は34,100円と安い価格に設定されています。

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座は下記の教材構成や添削で、宅地建物取引士試験の合格に必要な法律知識を体系的に学ぶことができます。

  • テキスト(わかって合格る宅建士 基本テキスト/TAC出版刊)1冊
  • 入門講義レジュメ 3冊
  • わかって合格る宅建士一問一答セレクト600(TAC出版刊)1冊
  • 宅建過去問ベスト300(TAC出版刊)1冊
  • 法律改正点レジュメ 1冊
  • 宅建士出るとこ予想合格るチェックシート 1冊
  • ライセンス・スクウェア
  • 2回の直前答練(自己採点)
  • 4回の添削(Web提出可)

宅建の過去問や模擬試験は2回分がついていますので、本番の予行演習として十分に役立てることができるでしょう。

TAC出版のわかりやすいテキストで勉強できる

産業能率大学プロカレッジの通信講座は、TAC出版のわかりやすいテキストを使って宅建の学習ができます。

書店やネット通販でも市販されている教材ですが、TAC出版の「わかって合格る宅建士 基本テキスト」は初学者からも定評です。

以下では、TAC出版のオリジナルテキストのおすすめポイントを詳しくまとめてみました。

  • 宅建の試験で出題されやすい重要ポイントに絞り込んでいる
  • 満点を目指すのではなく合格ラインの36点~38点を正解する力の習得に重点を置いている
  • 学習内容に合わせた解説DVDの付属でビジュアル的にも理解度を深められる

資格系スクール業界最大手のTACから出版されたテキストで一から学べるのは、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座の強みです。

テキストで宅建の基礎的な知識を習得し、出題されやすい法令の改正は法律改正点レジュメで対策できます。

アウトプットトレーニングを強化したカリキュラムで学べる

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座のカリキュラムは、次のように試験対策学習に最適な構成です。

  • 民法等:「契約を結ぶときの問題」「契約履行の段階の問題」「賃貸借契約・借地借家法」「その他いろいろな法律関係」
  • 宅建業法:「宅地建物取引業」「宅地建物取引士制度」「営業保証金と保証協会」「取引における諸規定」
  • 法令上の制限:「都市計画法」「建築基準法」「国土利用計画法」「農地法」
  • その他関連知識:「不動産に関する税金」「税金以外の関連知識」

効率良く宅建試験の対策ができるように、アウトプットトレーニングを強化した特別仕様のカリキュラムになっています。

過去問300題と本試験形式の模擬試験も産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座にはありますので、実力の確認にピッタリですね。

手厚いサポートで安心して受講できる

資格の取得を目指すに当たり、独学と通信講座の違いはサポート体制の有無です。

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座は、次の2つの手厚いサポートが用意されています。

  • 学習管理システムの「SANNO Web Support」で、オンライン上で学習状況を確認したりレポートや修了に関する通知を受け取ったりできる
  • テキストの巻末に付いている質問票を郵送すれば、担当の講師が個人のわからない部分について回答を送ってくれる

宅建の試験勉強でわからない部分をそのまま放置すると合否に大きく関わってきますので、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座を利用する際はテキストの巻末に付いている質問票を有効活用してください。

スマホ対応の動画講義(Web講座)には対応していない

産業能率大学プロカレッジの通信講座は、紙のテキストを元に学習するスタイルであり、スマホ動画講義のついたWeb講座ではありません。

私(管理人)のおすすめは、「スマホ動画講義に対応した通信講座」なので、その点が残念なのですが、

「紙のテキストで学習したい」

という方には、価格的にも内容的にも、産業能率大学プロカレッジの通信講座は有力な選択肢になると思います。

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座の口コミや評判はどう?

ここでは、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座を利用した方の口コミや評判の情報を紹介していきます。

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座の良い口コミや評判

・自分のペースで宅建試験の学習を始めたかったので、産業能率大学プロカレッジの通信講座を選びました。Web上でレポートを提出すると翌日には回答が届いていますし、メールではコメントで励ましてくれます。通信講座の中でも、産業能率大学プロカレッジはモチベーションの維持にピッタリです。

・大学が運営しているだけあり、流石は産業能率大学プロカレッジの通信講座といったところでしょうか。ガイドブックなどもわかりやすく書かれていて、しっかりと基礎から宅建の勉強ができます。他のスクールと比較して費用も安いので、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座はおすすめです。

・マイペースで無理なく宅建の学習ができたのが産業能率大学プロカレッジの良かったと思える点です。実力テストの添削も非常に丁寧でわかりやすいな~と感じました。トータルの費用を加味すると、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座はコスパ良しです。

・産業能率大学プロカレッジの通信講座で使っているTAC出版の教材は、法律改正点がA~Cの3段階で重要度別に分類して解説されています。キーポイントを見逃さずに試験対策を進められるのがGOOD!宅建試験に合格した後は、ファイナンシャルプランナーや日商簿記検定の通信講座の利用も考えています。

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座の悪い口コミや評判

・通学タイプの予備校と比較してみて、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座は安いですね。しかし、オリジナルテキストを使って宅建の試験対策ができるわけではありません。あくまでも市販のテキストで学ぶ形になりますので、独学と産業能率大学プロカレッジの通信講座は変わらない気がします。

・質問を送ってやり取りしてみましたが、産業能率大学プロカレッジはスタッフの応対が微妙です。もう少し迅速な対応を心掛けてくれたらな~と思いました。

・楽天で産業能率大学プロカレッジを購入しましたが、教材配送日時指定不可です。それにレポート提出が済むと試験前でも修理書が届き、メールの中には新しいコースの案内が来ていました。

まとめ

産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座のポイントや特徴、利用者の口コミや評判についておわかり頂けましたか?

テキストや問題集、レポート提出が充実している割に、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座は34,100円と費用が抑えらえており、好感が持てます。

安かろう悪かろうではなく、TAC出版のオリジナルテキストを使って宅建試験本番の準備ができます。

安心して受講できるサポート体制も備わっておりメリットは多い一方、管理人的にはスマホ動画講義対応ではない点が気になります。

「スマホ動画講義よりも、紙のテキストで勉強したい!」という方には十分おすすめできますので、産業能率大学プロカレッジの宅建通信講座を検討してみてください。

<宅建通信講座 人気ランキング>

 

<その他の宅建通信講座>

<その他>

宅建試験関連については、下記の記事も参考にしてください。