宅建士の仕事

宅建と他の資格のダブルライセンスをおすすめする理由

宅建 ダブルライセンス

宅建と他の資格のダブルライセンスをおすすめする理由はこれだ!

宅建の試験に合格して宅地建物取引士(宅建士)になると、就職や転職で大いに役立てることができます。

しかし、宅建の取得だけで満足するのではなく、他の資格とのダブルライセンスを目指すのも選択肢の一つです。

ここでは、宅建と他の資格のダブルライセンスをおすすめする理由をまとめてみました。

  • 同分野の資格を組み合わせることで、より価値の高い情報やサービスを提供できるようになる
  • ある分野のエキスパートを目指すことで、就職や転職で自分をアピールできる
  • 複数の資格の相乗効果によって自分の評価が更に上がる

宅建の資格を持っていると不動産業界だけではなく、他業種でも知識やスキルを活かすことができます。

更に他の相性の良い資格を持つダブルライセンスを目指せば、業務の幅を広げたり質の高いサービスをお客様に提供したりできるようになるのです。

今よりもステップアップしたいと考えている方は、ダブルライセンスを目指してみてください。

宅建とファイナンシャルプランナーのダブルライセンス

宅地建物取引士(宅建士)とファイナンシャルプランナー(FP)は相性の良い資格です。

ファイナンシャルプランナー(FP)とは顧客に対して資金計画やアドバイスをする資格で、宅建とのダブルライセンスが向いている理由を見ていきましょう。

  • 最初に宅建の試験に合格していれば、FPの試験科目の不動産に活かすことができる
  • 不動産の取引は大金が動くため、資金計画を見据えたアドバイスやサポートをお客様に提供できる
  • 資金繰りの方法の提案不動産投資による長期的な運用方法のアドバイスができる

宅建士として活躍する場合もファイナンシャルプランナー(FP)として業務に携わる場合も、不動産は資産運用で重要な位置付けになります。

つまり、不動産業界・金融業界・保険業界のいずれかの業界において就職や転職を考えている人にとっては、宅建とファイナンシャルプランナー(FP)の資格、両方とも役に立つのです。

宅建と管理業務主任者のダブルライセンス

不動産系の国家資格の中で有名なのは宅建ですが、管理業務主任者も忘れてはいけません。

「マンション管理士と同じなのでは?」とイメージしている方は多いものの、管理業務主任者は次のような違いがあります。

  • マンション管理士は主にコンサル業を行う
  • 管理業務主任者はより実務的な仕事を行う

宅建と管理業務主任者は試験内容や試験範囲が似通っていますので、ダブルライセンスでおすすめの資格です。

2つの資格を合わせて取得してダブルライセンスになれば、不動産業界でより活躍できるのは間違いありません。

宅建とマンション管理士のダブルライセンス

不動産業界の三大資格と言えば、上記で紹介した宅建と管理業務主任者に加えてマンション管理士です。

マンション管理士は宅建よりも合格率が低い難関の資格ですが、ダブルライセンスを持っていると不動産業界における専門性を高められます。

将来的に独立する予定の方も、宅建とマンション管理士は是非とも取得したい資格ですね。

宅地建物取引士(宅建士)として独立開業するメリットをいくつか見ていきましょう。

  • サラリーマン時代よりも稼げる可能性がある(年収がアップする)
  • 自分の事務所を設立して社長になることができる
  • 自分のやりたいように仕事ができる

収入を増やしたり自由度を求めたりして、独立開業する宅地建物取引士(宅建士)は少なくありません。

不動産関連の知識を持っていれば顧客から更に信頼されますので、マンション管理士とのダブルライセンスを目指してみてください。

宅建と行政書士のダブルライセンス

行政書士とは、官公庁への提出書類の作成や行政不服申立て手続きの代理など、国民に密着した法務サービスを提供する人のことを指します。

行政書士も宅建とのダブルライセンスでおすすめの資格で、物件の売買では各種契約書の作成手続きが必要になるからです。

行政書士が取り扱うことのできる書類の数は、何と10,000種類以上と考えられています。

不動産の売買や契約でも欠かせない部分ですので、宅建と行政書士の資格を合わせて取得した方が良い理由は何となくおわかり頂けるのではないでしょうか。

試験においても民法を中心に重複する部分がありますので、「宅建の試験に合格」⇒「その知識を活かして行政書士に合格」とダブルライセンスを目指すことは可能です。

ただし、どちらの国家資格も合格率が低いため、効率良く日々の学習をこなしていきましょう。

宅建と中小企業診断士のダブルライセンス

不動産業を専門領域にするのであれば、宅建と中小企業診断士のダブルライセンスがおすすめです。

宅地建物取引士(宅建士)が不動産のスペシャリストなのに対して、中小企業診断士は中小企業を対象に経営コンサルタントをしていきます。

宅建と中小企業診断士のダブルライセンスを取得すると、開業及び転職の両面において企業側から高い信頼を獲得できるでしょう。

どちらかと言うと最初に中小企業診断士の試験に合格し、その後にステップアップする目的で宅建の資格を取得する方が多いですね。

しかし、宅建と中小企業診断士の試験内容は遠い存在ですので、並行して学習するのは難しいと心得ておいてください。

宅建と司法書士のダブルライセンス

「宅建と司法書士はあまり関係性がないよね?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、両方とも不動産に関連した業務がありますので、ダブルライセンスを目指すの選択肢の一つです。

宅建と司法書士のダブルライセンスは、「仕事内容に対するやりがいがアップする」「キャリアアップを念頭における」など、プラスアルファに働く部分があります。

実際にダブルライセンスの保持者は増えていますが、下記の2つの点に注意が必要です。

  • 司法書士が専任の宅地建物取引士(宅建士)としての兼業は不可能
  • 不動産業を法人として兼業することはできない

それぞれの資格に定められた規定を満たす必要があるため、本当に宅建と司法書士の両方の資格を取得すべきなのか考えてみましょう。

宅建と不動産鑑定士のダブルライセンス

不動産鑑定士は日本全国に9,000人程度しかいない希少価値の高い国家資格です。

不動産鑑定士の主な仕事内容は物件の鑑定評価業務で、どのくらいで売却できるのか金額を算出したり不動産の投資判断材料を作成したりしていきます。

公正な立場から不動産の価値を算出するのではなく、クライアントに対してコンサルティング業務を行う不動産鑑定士も少なくありません。

不動産業界と深く関わっている資格ですので、宅建とのダブルライセンスは非常におすすめです。

宅建の試験に合格してから不動産鑑定士の勉強を始めてダブルライセンスになれば、実際の現場と価格算定の理論を合わせてより良い仕事ができます。

自分の市場価値を高められますが、不動産鑑定士の短答式試験の合格率は約25%、論文式試験の合格率は約10%と低いのが難点です。

宅建と土地家屋調査士や測量士補のダブルライセンス

土地家屋調査士や測量士補がどのような資格なのか簡単に見ていきましょう。

  • 土地家屋調査士は土地の測量および表示に関する登記のプロフェッショナル
  • 測量士補は土地の位置・距離・面積を測量する仕事

両方とも不動産と深く関わっていますので、宅建とのダブルライセンスで業務の幅を広げることができます。

将来的に独立開業する予定の宅地建物取引士(宅建士)は、土地家屋調査士や測量士補の取得も目指してみてください。

宅建と税理士のダブルライセンス

宅建と税理士は、組み合わせて活きる資格です。

ダブルライセンスで宅建士の不動産知識×税理士の税法知識を兼ね備えていれば、不動産の運用に関する具体的なアドバイスや提案を顧客にできるのです。

相続税法の改正で税理士業務が増えていく中で、専門的な対応ができる宅地建物取引士(宅建士)は重宝されるでしょう。

しかし、国税庁が発表した平成29年度の税理士試験の合格率は、下記のようにどの科目も低くなっています。

簿記論:14.2%
財務諸表論:29.6%
所得税法:13.0%
法人税法:12.1%
相続税法:12.1%
消費税法:13.3%
酒税法:12.2%
国税徴収法:11.6%
住民税:14.3%
事業税:11.9%
固定資産税:13.3%

宅建よりも難しい試験ですので、合格までに長い期間がかかると心得ておいてください。

ダブルライセンスがあれば、独立・開業の成功確率が高まる!

宅建業で独立・開業を考える際にも、ダブルライセンスは有効です。

まず、ダブルライセンスがあれば、独立・開業する際に、他社と差別化し、かつ収入を複数から得ることも可能になります。

上記で説明したとおり、宅建以外にFP(ファイナンシャルプランナー)や行政書士などを取得すれば、そちらの業務で仕事を請けることもできます。

もちろん、本業(宅建業)においても、ダブルライセンスは有効に使えます。

たとえば、FPの資格を取得したとしましょう。

本業の不動産業においても、FP資格者は損害保険や火災保険、資産形成などの知識がありますから、お客様から

この不動産屋さんは、保険や資産形成についても詳しい

と、選んで頂きやすくなるでしょう。

また、行政書士とは様々な許認可の書類作成を代行する仕事です。

宅建士と行政書士のダブルライセンスがあれば、同業者(不動産業)の知り合いの方が許認可の申請を行う際、あなたに頼んでもらえることも多くなるでしょう。

以上のように、業務上で関連のある資格をダブルライセンスとして取得すれば、あなたが独立・開業する際うの差別化、ブランディングにつながります。

たんに「宅建の資格を持っている」だけでは、多くの人々のなかに埋もれてしまいます。

ダブルライセンスの取得は、あなたをブランディングして独立・開業の成功確率を大きく高めることになります。

なお、独立・開業の失敗しない方法について詳細は、下記の記事をご覧ください。

宅建士として独立・開業
宅建の資格を取って独立・開業! ~失敗しない独立・開業の方法とは?こんにちは、ジュンです。 今回は、独立・開業に関する記事です。 私は将来、宅建の資格を取って独立したいと思い、宅建の資格を取...

 

まとめ

宅建の試験に合格して満足するのではなく、更なる高みを目指して他の資格を取得してダブルライセンスを持つ努力をしてみましょう。

ファイナンシャルプランナーやマンション管理士、中小企業診断士や不動産鑑定士などおすすめの資格はたくさんあります。

このように、宅建の資格は、様々な資格と組み合わせることにより、無限の可能性が広がる、と言っても過言ではありません。

これから宅建の資格を取ろうと考えている方は、自信を持って頑張って欲しいと思います。

宅建試験関連については、下記の記事も参考にしてください。