フォーサイト

フォーサイト宅建講座の口コミ・評判!合格者の声を徹底分析【2022年最新版】

フォーサイト宅建講座の口コミ・評判

こんにちは、トシゾーです。

今回は、通信教育会社のフォーサイト(foresight)の宅建・宅地建物取引士通信講座についてレビューします。

フォーサイトの宅建講座の最大のポイントは、驚くべきほどの合格率の高さです。

  • 2021年度のフォーサイト受講生の合格率:82.0%

なんと、難関な宅建試験において、10人の内8人以上が合格と、業界最高の合格率を誇ります。

ただ、そうは言っても、それだけでは

  • 本当にあなたに合う宅建講座なのか?

は分かりませんよね。

そこでこの記事では、あなたの不安や悩みが解消されるよう、フォーサイト宅建講座について徹底的にリサーチした結果を説明します。

この記事を読めば、あなたがフォーサイトを選ぶべきかどうか、疑問が晴れることに間違いありません。

それでは、一緒にチェックしていきましょう。

=>管理人おすすめの通信講座「フォーサイト 宅建 通信講座」の公式ページはこちら

.

<人気講座ランキング(上位3社)

  • 第1位 スタディング:高品質なのに最安価格19,800円(税込)
  • 第2位 フォーサイト:業界最高の合格率!全国平均の4.63倍
  • 第3位 アガルート合格者全額返金サービス+無制限の質問など万全のサポート

=>宅建の通信講座 おすすめランキング&徹底比較の記事はこちら

Contents

フォーサイト宅建講座のポイント1:全国平均の4.63倍!業界最高の合格率

冒頭でも説明したとおり、フォーサイト宅建通信講座の2021年の合格率は、82.0%。宅建試験の全国平均合格率は17.7%ですから、なんとフォーサイトは全国平均の4.63倍。もちろん業界最高、圧倒的な実績です

あまりにも合格率が高すぎて、

「フォーサイトの合格率の算定って、ホントに正しいの?」

と思う方もいるでしょう。しかし、フォーサイトでは合格発表後に、謝礼を支払って全受講生から合否アンケートを回収しているそうです。

この謝礼を支払うという点がミソで、むしろ不合格者からの反応のほうが良いように感じる、ということです。

※確かに、自分の身に置き換えてみると(自分が不合格者だったら)、「謝礼ぐらい貰っとかないと!」と思うかも知れませんね(笑)

アンケートの結果、2021年は960名の内787名が合格とのこと。本当に多くの受講生が行政書士試験に合格できていますので、フォーサイト宅建講座は信頼に値する、といえるでしょう。

フォーサイト宅建講座の合格率については、下記記事でさらに詳しく分析しています。よろしければチェックしてみてください。

フォーサイト宅建講座の合格率
フォーサイト宅建講座の合格率は高い!高い合格率は本当なの?フォーサイト宅建講座 2021年の合格率は82.0%!なんと全国平均合格率の4.63倍! フォーサイト宅建講座を利用し、本当に試験に合...

 

フォーサイト宅建講座のポイント2:オンライン通信講座専門予備校として長年の実績

フォーサイトは創業以来約30年と、現在のオンライン通信講座専門校の中では、もっとも運営の歴史が古い会社です。

当初は通学講座も開講していましたが、現在では通信講座の運営に特化しており、累計で34万人以上の受講生を誇ります。

宅建だけでなく、社労士やFP(ファイナンシャルプランナー)、行政書士、司法書士、中小企業診断士、簿記、管理業務主任者など様々な資格講座があり、いずれも高い合格率を誇っています。

また、オンライン通信専門スクールのため、教室の賃料や大勢の講師・事務員の人件費が不要です。それ故に、質の高い講座をリーズナブルな価格で提供しています。

フォーサイト宅建講座のポイント3:出るところだけに絞った「合格点主義」のフルカラーテキスト

フルカラーテキストフルカラーテキスト;【出典】フォーサイト公式

「合格点主義」とは?

忙しい受験生にとって、完全合格を目指す「満点主義」はマッチしません。フォーサイトでは、学習範囲を試験に「出る」ポイントに絞った「合格点主義」を採用しています。

具体的には、「出題される可能性がある論点で、理解しておくべきこと」のみを理解する、ということ。

逆に、毎年必ず10~15%程度は出題される難問・奇問をバッサリ切り捨てます。

過去問の徹底分析により、以上のような無駄を捨て、出題される事項に絞った、コンパクトなテキストを実現しています。

イラストや図表の多いフルカラーテキストなので、理解しやすく覚えやすい

フォーサイトのテキストはフルカラーであり、重要事項がパッと目に付くように構成されていいます。とにかく見やすく・分かりやすくにこだわっています。

ある研究によると、白黒よりフルカラーの方が記憶に残りやすいとのこと。暗記力がアップし、知識がしっかり定着することに繋がるはずです。

また、イラストや図解、表をたくさん使用しており、文章ばかりのテキストのような堅苦しさはありません。

初心者の方でも「私にもできそう!」と思えるぐらいにカジュアルなテイストで作られています。

また、余白が大きくて、書き込みやメモをしやすいのもポイントです。

資料請求をして、サンプルテキストを体験しよう

フォーサイトに資料請求すれば、実際のテキストの一部が掲載されたサンプルテキストが貰えます。実際に手に取って見てみるのが一番ですので、よろしければ資料請求をしてみてください。

フォーサイト宅建講座の資料請求については、下記の記事も参考にしてみてください。

フォーサイト宅建講座 資料請求
フォーサイト宅建講座 資料請求を徹底レビュー【実際に体験!】宅建通信講座のなかでは、人気の高いフォーサイト。本サイトにおいても、記事のアクセスが1、2位を争う人気講座です。 とはいえ、受講料...

 

フォーサイト宅建講座のポイント4:受講生から支持が高い、フォーサイトのオリジナル過去問題集

フォーサイトの「過去問題集(機能的問題集)」の最大のポイントは、

  • 「問題を解く力」を確実に養成するため、問題に対する「解き方」「考え方」を丁寧に説明

であり、その他にも、

  • テーマ(論点)別に過去問が整理されており、同様の論点の過去問を集中的に解ける
  • 各設問の難易度や目標解答時間がすぐ分かるレイアウト
  • 難問・奇問は未掲載で、出題傾向の高い問題だけ取り組める
  • スマホアプリにも対応、いつでもどこでも解きまくれる

など、最短の努力で成果を最大化できる仕組みがたくさん用意しています。

その結果、受講生のうち84.4%の方が、高く評価しています。

演習ノートで理解を深める

宅建の過去問を丁寧に分析できる演習ノート。

難解な問題を確実に覚えために「不正解の問題文を、どのように修正すれば、正しい文章になるのか」を徹底的に分析しなければなりません

演習ノートでは、過去問を解く際に、それぞれの選択肢の誤りを整理して記入することが可能です。

フォーサイトの過去問については、下記の記事でさらに詳しく分析しています。

フォーサイト宅建講座の過去問
フォーサイト宅建講座の過去問はおすすめ?バリューセット3の「過去問演習システム」の凄さの秘密とは?宅建では、「過去問を制する者は本試験を制する」と言われています。 試験問題の全体像や傾向を掴んだり、テキストの理解度を深めたりする...
.

フォーサイト宅建講座のポイント5:テレビ局並みの専用スタジオで撮影した、ハイビジョン講義動画

フォーサイトの動画講義は、テレビ局並みの専用のスタジオで、ハイビジョンカメラを利用して撮影されています。

サンプル動画を見てもらえばわかる通り、ハイビジョン映像は、画質・音質が通常の通信講座とまるで違います。

また、通信講座専用に撮影されているため、講師の背面にテキストを大きくフルに表示させているので、テキストを見ながら講義を視聴する必要はありません。

通学・通勤のスキマ時間など手元にテキストが無い状態でも、スマホで視聴するだけで学習上の支障はありません。

このように、高い学習効果を発揮できる動画講義も、フォーサイトの強みです。

コンパクトにまとまった収録時間

非常に質の高い講義動画ですが、他社と比べて収録時間は短めです。その理由は、テキストと同じく「合格点主義」で作られているため、出題される論点に絞った内容になっているからです。

「満点に近いレベルで合格を目指す!」という方には向きませんが、短期間で何度も繰り返し復習することで知識が定着するので、スピード合格を目指す人には最適な教材といえるでしょう。

=>管理人おすすめの通信講座「フォーサイト 宅建 通信講座」の公式ページはこちら

.

フォーサイト宅建講座のポイント6:バーチャル講師も選べる等、バラエティ溢れる講師陣

フォーサイトの宅建講座は、宅建以外にも行政書士・マンション管理士・管理業務主任者など多くの資格を保有するプロ講師・窪田義幸先生が担当されています。

窪田先生は不動産・法律系の難関資格のプロフェッショナルであり、分かりやすく穏やかな口調で講義をされるのが特徴です。

一方で、講義の途中で受講生を励ますような言葉を掛けるなど、情熱を持って講義をしているように感じられました。

そのため、受講生の方でも、やる気が湧いたり、モチベーションがアップしたりするのではないでしょうか。

さらにフォーサイトの宅建講座では、2021年度対策講座から業界で唯一、Vtuber(Vチューバー)のようなバーチャル講師の授業も選択できるようになりました。

女性と男性のバーチャル講師がいて、それぞれ「真鍋サキ講師」と「本郷タケル講師」です。

私も視聴してみましたが、プロの声優さんが演じているため、とても聞きやすい講義でした。

下記動画で、ぜひバーチャル講師の講義のクオリティを実感してください(youtubeでサンプル公開中)。

フォーサイト宅建講座のポイント7:先進のeラーニングシステム「ManaBun」

ManaBunManaBun ;【出典】フォーサイト公式

フォーサイトでは、先進のeラーニング学習システム「ManaBun(まなぶん;旧 道場破り)」も付属。

「ManaBun」は、Web版とアプリ版があるため、パソコン、スマホ・タブレットなど、デバイスを選ばずに使用できます。

通勤通学の時間や昼休みなど、時間と場所を選ばずに、隙間時間を学習時間として活用できます。

「ManaBun」の具体的な機能

「ManaBun」で使用できるサービスは、以下の通りです。

  • あなたの生活スタイルを入力するだけで、最適な学習スケジュールを作成
  • 作成したスケジュールを元に、試験日に間に合うように進捗を管理
  • 動画講義・音声の視聴・デジタルテキスト・確認テスト・単語カードなど、すべての教材を利用できる
  • わからない部分はすぐにメールで講師や専任スタッフに質問可能
  • スマホゲームのような確認テスト(一問一答の問題演習)

このように全ての機能がスマホで完結。まさに先進のeラーニングと言えるでしょう

※「ManaBun」は以下より無料で体験できます。

=>フォーサイト公式ページ 宅建のeラーニング 無料体験に申し込む

.

さらにManaBunではライブ配信講義も受けられる

ManaBunでは、定期的にライブ配信講義「eライブスタディ」が開講されます。頻度は、月1~2回程度。

ライブ配信講義では、受講生は「チャット機能」を使って講師とコミュニケーションを取ったり、講師の出題する問題に一斉に解答したりできます。

一般的な通信教育では孤独を感じることが多いですが、ライブ配信講義があれば、楽しみながらモチベーションも高めつつ、学習を続けやすくなるでしょう。

=>管理人おすすめの通信講座「フォーサイト 宅建 通信講座」の公式ページはこちら

.

フォーサイト宅建通信講座 料金・費用(受講料)

フォーサイト宅建講座の各コース

フォーサイトの宅建通信講座には、以下のようなコースがあります。

  • 単科講座 基礎講座: 47,800円(税込、送料別)
  • 単科講座 過去問講座: 47,800円(税込、送料別)※過去の出題問題に加え、模擬試験も付属
  • 直前対策講座(法改正・統計資料対策編・択一対策編)セット: 16,800円(税込、送料別)
  • バリューセット1(基礎+過去問講座):価格59,800円(税込、送料別)
  • バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座):価格64,800円(税込、送料別)
  • バリューセット3(基礎+過去問+直前対策講座+科目別答練講座+過去問演習システム):価格69,800円(税込、送料別)※全額返金保証有り

※価格(料金)は時期により変動することがあります。購入前に公式サイトで確認をしてください。

受験対策としては、少なくとも基礎講座と過去問講座が必要なため、現実的にはバリューセットを選ぶことが必要です。

バリューセットのおすすめコースはどれ?

「フォーサイト宅建講座のバリューセットは、どれを選べばよい?」という質問は、当サイトにも本当によく寄せられます。

結論から言えば、「フォーサイト宅建講座の中では、バリューセット3一択」です。

上記の価格一覧にあるとおり、そもそもバリューセット1~バリューセット3までの価格差はわずか1万円です。

それにも関わらず、「科目別答練講座」「過去問一問一答システム」「不合格時全額返金保証制度」が付いているのはバリューセット3だけです。

以下、バリューセット3の「過去問一問一答システム」について説明しますので、参考にしてみてください。

バリューセット3に付属する「過去問演習システム(過去問一問一答)」について

バリューセット3には、過去問演習システム(過去問一問一答)が付属します。

過去問演習システムの一問一答形式を使えば、宅建試験の四肢択一問題における、選択肢の組合せの運に左右されない、真の実力を磨くことが可能です。

過去問演習システムは使うごとにデータが蓄積され、「正答率が低い」「実施回数が少ない」問題が集中的に出題してくれる仕組みになっています。

このような機能を継続して使えば、初めての方でも必ず実力がつくことは納得できるのではないでしょうか。

また、時間と問題数を指定し、自分だけの「オリジナル模試」の作成ができます。

宅建の合格で過去問の演習は必須ですが、本システムの活用で1問1問を丁寧に正解できるようになりますので、本番での正解力を高めることができるでしょう。

フォーサイト宅建講座の安い時期(割引・キャンペーン)は?

フォーサイトでは、年間を通じて定期的に割引・キャンペーンを実施しており、できるだけ安い時期を選ぶことがおすすめです。

フォーサイト宅建講座の安い時期(割引・キャンペーン)について詳しくは、下記の記事をチェックしてください。

フォーサイトキャンペーン
【2022年5月最新版】フォーサイト宅建講座の安い時期はいつ?価格・クーポン・キャンペーン・割引情報!こんにちは、トシゾーです。 この記事では、フォーサイト宅建講座の価格やキャンペーン情報をまとめています。 フォーサイトといえ...

 

カリキュラム(教材内容)

宅建講座のバリューセット1~3のカリキュラム(教材内容)について、以下に説明します。

基礎講座(バリューセット1~3共通)

  • テキスト 4冊

過去問講座(バリューセット1~3共通)

  • 問題集 5冊
  • 再現問題
  • 模擬試験(1回分)
  • 演習ノート

eラーニング ManaBun(バリューセット1~3共通)

デジタルテキスト・講義動画+音声(ストリーミング・ダウンロード)・eライブスタディ・学習スケジュール・確認テスト・チェックテストなど

補足資料・副教材(バリューセット1~3共通)

  • 受講ガイド
  • 戦略立案編
  • 合格必勝編
  • 入門講座 テキスト(宅建士の実務を例にしながら、学習内容の全体像を把握できる)
  • 統計資料・法改正情報等
  • 合格カード
  • 宅建マンガ
  • 合格体験記
  • 無料メール質問 (バリューセット1は10回、同2は15回、同3は20回まで)

直前対策講座(バリューセット2~3共通)

  • 特別レジュメ 全2編 2冊

科目別答練講座(バリューセット3のみ)

  • 問題用紙 4冊
  • 解答・解説 4冊
  • 解答用紙 4枚

過去問 一問一答演習【eラーニング内】(バリューセット3のみ)

※詳細な教材内容は以上となります。一見多いように思われるかも知れませんが、メインで利用するのは「テキスト4冊・問題集5冊」となります。いつでも上記すべてが必要な訳ではありませんし、すべてスマホでも閲覧可能なので、「持ち歩きが大変」などということはありません。

教育訓練給付制度に対応

バリューセット1~2は、教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座です。

一定の条件を充たすと、講座受講時に支払った金額の20%がハローワークから給付されます。

※宅建試験の合格/不合格は、給付の有無に関係しません。

=>管理人おすすめの通信講座「フォーサイト宅建通信講座」の公式ページはこちら

.
※なお、フォーサイト宅建講座の教育訓練給付制度について詳しくは、下記記事を参考にしてください。

フォーサイト宅建講座 教育訓練給付制度
フォーサイト宅建講座で教育訓練給付制度を利用する方法を徹底解説!あなたは、教育訓練給付制度をご存知でしょうか? 厚生労働省が実施する制度で、一定の条件を満たしたうえで、対象の講座を修了すると、な...

 

購入時には割引クーポンをチェック

フォーサイトの宅建講座では、不定期に割引クーポンを発行しています。

割引クーポンがあれば、バリューセットを中心に割引きが適用されますので、受講を検討する際には、クーポンやキャンペーンの情報を確認するようにしてください。

全額返金保証 ~もしも不合格なら、受講料を全額返金

バリューセット3は全額返金保証制度が適用されます。

返金を受けられる条件(基準)は以下のとおり(代表的なもの)。

【全額返金を受けるための主な規定】

  • 全ての確認テストにおいて100点を取得すること
  • 専用試験(学力テスト)を1回受験し、得点が学力テストの上位34%に入ること150点満点で平均120点以上を取得すること

確認テストは何度でも受けられるので難易度は低いといえます。一方、学力テストをクリアするのは難しいので、全額返金保証は

きちんと勉強して、「合格する可能性が高い」と思われた人が、万が一、落ちた(不合格だった)時に返金される保険

のような制度、と考えたほうがよいでしょう。

フォーサイト宅建講座の「全額返金保証制度」については、別の記事にくわしくまとめましたので、気になる方はそちらをチェックしてください。

全額返金保証制度
フォーサイト宅建講座の返金制度がアツい!不合格なのに「全額返金保証制度」とは?こんにちは、トシゾーです。 今回は、通信教育会社フォーサイト(foresight)宅建講座の「全額返金保証制度」について、ご説明し...

 

ダブルライセンス割引制度

本制度は、ざっくり言えば「一度フォーサイトで通信講座を受講した方は、2回目以降に割引を適用してもらえる」という制度のことです。

継続的にキャリアを向上させたい方は、金銭的に有利な本制度を活用しましょう。

他社との受講料の比較

他社の宅建士講座と比べてフォーサイトがどれくらいの価格帯なのか、受講料の比較を見てみましょう。

スクール(企業) 講座/コース 受講料
スタディング 合格コース 19,800円
フォーサイト バリューセット1 59,800円
クレアール 完全合格パーフェクトコース 64,800円(キャンペーン中は38,500円)
ユーキャン 宅建講座 63,000円
アガルート ゼロから合格カリキュラム 54,780円
スタケン 宅建講座 32,780円
TAC 総合本科生SPlus 156,800円
LEC プレミアム合格フルコース 154,000円
大原 週2合格コース・入門パック 156,800円

以上のとおり、主な宅建士通信講座の受講料は、1~6万円台と15~16万円前後とに二極化し、大きな差があります。

フォーサイトは低価格グループの中では高価な方であり、全体的に見れば平均的な価格帯です。

だからといって、「フォーサイトの講座は平均的な内容」ということは決してありません。

ここまで見てきたとおり、フォーサイトには様々な長所があり、十分に価格以上の価値があります。「コストパフォーマンスの良さは1~2位を争う講座」といえるでしょう。

ただ、どうしても「高い受講料は払えない」「価格がネック」という方は、スタディングをチェックしてみては如何でしょうか?

スタディング宅建講座の口コミ・評判
スタディング宅建講座の口コミ・評判!合格者が本音で徹底レビュー!【2022年最新版】こんにちは、トシゾーです。 KIYOラーニングの「スタディング(旧 通勤講座)宅建講座」は、私が宅建試験に合格した時に使っていた教...

 

フォーサイト宅建講座の評判・口コミ

ここでは、フォーサイトの宅建講座を利用した人の口コミや評判・感想の情報を紹介します。

よい評判・口コミ・感想

公式ページの「合格者の声」には、数えきれないほどの肯定的な評判・口コミが掲載されています。そのうち一部を記載します。

・道場破りが良かったです。相撲のゲーム感覚のテストが勉強になりました。相撲の決まり手の技を集めましたが、最後までは到達しませんでした。テストは何回もして、合格点に達しました。

・テキストはイラストがついていてわかりやすかったです。今までは文字ばかりの参考書で勉強してきましたが、フォーサイトは要点が押さえられていて、テキストは勉強がしやすかったです。

・テキストがコンパクトにまとまっていたので、飽き性の自分でも最初から最後まで、途中で断念することなく取り組むことができました。インプットを最低限にして過去問の演習などのアウトプットを増やすフォーサイトのスタイルは合っていました。

・過去問題集と択一対策編が特に良かったです。過去問題集は、難易度別に学習し、効率良く取り組むことが出来ました。択一対策編も、直前対策として非常に役に立ちました。講義でも先生が仰っていたように、満点ではなく、あくまでも合格点を狙う方法を考えながら勉強しました。

テキストが良かったです。カラフルだし、途中でコラムがあったりして、読んでいて飽きないですし、要点に印がついていたので「ここを重点的におさえておけばいいんだな」というのが分かりやすかったです。

【出典:フォーサイト公式「宅建合格者の声」】

悪い評判・口コミ・感想

管理人がインターネット(知恵袋、ブログ等)やSNS(twitter)を調べてみたのですが、否定的なコメントは少ししか見つかりませんでした。まとめると、以下の項目になります。

  • テキストが少し薄すぎるので、これだけで合格できるのか心配
  • 合格時のお祝い金が少ない

上記2点に関する管理人のコメントは以下のとおりです。

「テキストが少し薄すぎるので、これだけで合格できるのか心配」に対するコメント

これは前述のとおり、フォーサイトが「合格点主義」のため、敢えて内容を絞って作成していることが理由です。

どうしても網羅的に勉強されたい方は、他の講座を選ぶか、市販の分厚いテキストを購入して学習を進めるべきでしょう。

ただし、管理人の経験から言わせて頂くと、「本当に合格できるか心配な人」ほど、出題範囲を網羅的に満たす教材を希望する傾向にあります。しかし、よほど学習時間に余裕がない限り、勉強時間不足で残念な結果になる方がかなり多いです。

やはり資格試験においては、頻出の論点に絞った教材を信じ、それを何度も繰り返して進めることが合格への王道と言えます。

その点は、ぜひ注意して欲しいと思います。

「合格時のお祝い金が少ない」に対するコメント

宅建試験に合格すると、合格祝いとして「Amazonギフトコード最大2,000円分」が貰えます。

一方、アガルートでは「合格時全額返金」の特典を用意していますので、これに比べれば確かに見劣りするでしょう。

しかし、合格特典はあくまでオマケに近いものであって、やはり本質的には「講座の内容」で選ぶべきです。

「合格特典がないと、どうしても頑張れない!」というこだわりのある方はともかく、そうでない方は冷静に講座内容で判断しましょう。

よくある質問と回答

DVDは付属しますか?

バリューセット3のみ、DVDが付属するコースも選べます(通常価格より9,000円高くなります)。

その他のコースでは、Web配信またはアプリでの配信となり、DVDの付属するコースはありません。つまり、PCとスマホの両方が使えず、テレビなどで再生するしかない場合はDVD付属のコースを選ぶことになります。

送料は必要ですか?

はい、送料は別途必要です。

北海道や沖縄は2,000円前後、関東(茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/神奈川県/東京都/山梨県)は730円等となっています。

詳細は公式サイトの受講料のページに載っていますので、ご確認をお願いいたします。

分割支払いは可能ですか?

はい、可能です。

  • クレジットカード
  • ショッピングローン(分割払い)

一口に分割払いと言っても、上記のとおり2種類あります。一般のクレジットカード決済で分割にするケースと、クレジットカード不要のショッピングローン(分割払い)のケースです。

なお、ショッピングローンには、(株)ジャックスの審査が発生します。

その他、下記の支払い方式にも対応しています。

  • 代金引換
  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • 銀行振込
  • Amazon Pay
  • 楽天ペイ

最後に<まとめ>

ここまで見てきたように、フォーサイトは

  • 全国平均の4.63倍業界最高合格率
  • 専用スタジオで撮影、ハイビジョンで綺麗な映像のオンライン動画講義
  • 出題箇所だけに絞った、フルカラーテキスト
  • スマホ1つで動画講義やすべての教材を利用できるので、隙間時間に学習できる
  • 自動スケジュール作成や進捗管理、ライブ講義まで参加できる、eラーニングシステム「ManaBun」

など、極めて優れた講座内容になっています。

料金だけ考えると、フォーサイトよりコスパのよい講座(スタディングなど)はありますが、それを差し引いても充分に魅力的な通信講座ですので、あなたの今後の学習に役立つのは間違いないでしょう。

興味のある方は、ぜひ無料資料請求(サンプル請求)をしてみてください。

=>管理人おすすめの「フォーサイト宅建通信講座」無料資料請求 申し込みはこちら

.

 

<宅建通信講座 人気ランキング>

<その他の宅建通信講座>

<その他>

宅建試験関連については、下記の記事も参考にしてください。

著者情報
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション