教材・講座

日建学院 宅建講座の評判は?口コミや評判、合格率などを徹底調査!【令和4年(2022年)版】

宅建受験生おすすめブログ

こんにちは、トシゾーです。

日建学院(にっけんがくいん)は、建築や不動産関連の資格取得に強いブランド力を持つ、著名な大手資格スクールです。

高品質で学習効果の高い映像講義、そして合格に導く同社オリジナルテキストで、資格の取得をサポート。

いくつもの通学講座や通信講座がありますが、中でも宅建講座が人気です。

日建学院を利用すれば、自分のペースやスタイルに合う最適なコースで宅地建物取引士(宅建士)の合格を目指せるでしょう。

そんな日建学院の宅建講座の実情は、どうなっているのでしょうか?

一緒にチェックしていきましょう。

日建学院の宅建講座の強みやメリットをまとめてみた

まず、日建学院の宅建講座の強みやメリットを中心に見ていきましょう。

通学と自宅の受講スタイルから自由に選べる

日建学院の宅建講座は、個人の希望に合わせて通学と自宅の受講スタイルから自由に選ぶことができます。

ご自身に合う受講スタイルで資格の勉強に取り組むのは、宅建試験に合格するに当たって何よりも重要です。

以下では、日建学院の受講スタイル別の違いについてまとめてみました。

<通学スタイル>

教室型:勉強仲間と同じ教室で授業を受ける一般的なタイプです。講義やテストの他、グループ学習もあるため、モチベーションを維持しながら宅建試験合格を目指せます。
個別型:自分自身で通学を希望する日にち・時間を決めたうえで、個別教室(個別ブース)で宅建の勉強を進めるタイプです

<自宅>

通信型:宅建試験に合格するためのノウハウが詰まった日建学院通信教材一式が自宅に送付されるタイプです。
Web型:インターネットに接続して、日建学院宅建講座の映像講義を受講するタイプです。時間や場所を問わずに受講できます

勉強仲間と一緒にモチベーションを高めながら宅建合格を目指したい方は通学スタイル、空いている時間を有効活用して自宅等で資格取得を目指したい方は通信型やWeb型を検討してみてください。

2021年の合格者数は2,820名

日建学院の本科生の2021年合格者数は、なんと2,820名。圧倒的な数字です。

残念ながら合格率の発表はないのですが、その代わり、以下のようなデータがあります↓

「日建学院の講義に6割出席して模擬試験で30点を取れば、約7割の受験生が本番の試験にも合格している」

それだけ、講義の質に自信があるということでしょう。

独学で宅建試験に取り組んで失敗した経験をお持ちの方は、日建学院の宅建講座の通学講座や通信講座を試してみてはいかがでしょうか。

豊富なコースやカリキュラムから選べる

日建学院の宅建講座は受験生の目的や状況に合わせて、下記のように豊富なコースやカリキュラムが用意されています。

  • 本科コース(受講料は一般で200,000円、学生で100,000円):6ヵ月間をかけて宅建試験の基礎から応用までを段階的に学んでいく
  • スーパー本科コース(受講料は一般で250,000円、学生で150,000円):本科コースに加えて早期対策講座や要点解説講義のオプションがセットになっている
  • 短期集中コース(受講料は一般で150,000円、学生で100,000円):受験対策に欠かせない試験科目ごとの重点ポイントが集約されている
  • 直前対策コース(受講料は100,000円):宅建の本試験の直前にインプットとアウトプットの繰り返しで実践力を養っていく
  • 直前攻略コース(受講料は50,000円):本番の宅建試験の3週間前に総仕上げを行い、ラストスパートをかけます
  • 重点Webコース(受講料は一般で100,000円、学生で80,000円):自分の進捗や理解度に合わせながら、基礎学習から実践的な答案演習に至るまで、自宅でできる通信講座(オンライン動画講義が中心のコース)
  • 通信合格コース(受講料は38,000円):本科コースと同一のテキストを使う通信コースで、スキマ時間を有効に活用して宅建試験の対策ができる
  • 宅建士どこでも過去問ズバリ解説Webコース(受講料は30,000円):時間や場所を選ばず、スマホ等で宅建の10年間分の過去問題の解説講義を受講できる

日建学院は基本的に通学講座が中心ですが、個人の学力に合わせた通信講座コースも揃っていますよ。

通学講座に関しては、「自宅での予習」⇒「通学での映像講義」⇒「理解度確認の小テスト」⇒「自宅での復習」と効率の良いカリキュラムで宅建試験の対策が可能です。

映像講義のクオリティが高い

日建学院の宅建講座が70%近くの合格率を誇るのは、映像講義のクオリティが高いのが理由です。

日建学院の映像講義は、最短距離で宅建試験に合格できるように次の点に拘って作っています。

  • 宅建試験への合格を知り尽くすカリスマ講師や試験分析のプロのノウハウが詰まっている
  • 実写映像やCG、アニメーションを駆使してわかりやすい映像講義を提供している

文字や聴覚だけの情報と比べてみると、映像による情報は記憶に残りやすいのが特徴です。

更に正答率の低い箇所をわかりやすくする工夫で映像講義を作っていますので、宅建の勉強や学習で疑問が残ることはありません。

過去問や最新動向を徹底分析してテキストを作成している

日建学院の宅建講座のテキストは、過去問や最新動向を徹底分析して作成しています。

映像講義はテキストに連動した形になっていますので、2つを組み合わせて効率の良い学習が可能です。

しかも、日建学院のテキストはただ情報を網羅するだけではなく、専門のスタッフと講師陣が問題のタイプ別に受験生の正答率をデータ化して分析しています。

合格のための知識が網羅されていますので、他の宅建のテキストや参考書は不要です。

また、過去問と応用問題は法律の最新動向に対応していますので、新規問題の対策にも十分に役立ちます。

受験生へのサポート体制が手厚い

宅建試験は国家資格の中でも難関ですので、コツコツと勉強を積み重ねる必要があります。

独学で挫折する方は意外と多いのですが、日建学院は下記のように受験生へのサポート体制が手厚いので安心ですね。

  • 受験生にライセンスアドバイザーがついて学習計画や苦手分野の克服のアドバイスをしてくれる
  • コンピュータを使った個人分析表の作成で効率的な学習法を診断してくれる
  • 担当講師によるライブセミナーで講義の質問や学習の進め方を教えてくれる
  • 自宅での予習や復習でわからない部分をメールやFAXで質問できる(質疑応答システム)

手厚いサポートやアドバイスを受けながら宅建の勉強を進められるのも、日建学院の講座の合格率が高い理由なのではないでしょうか。

日建学院の宅建講座の口コミや評判はどう?

日建学院の宅建講座を受講する前に、他の受験生の口コミや評判の情報を要チェックです。

まとめ

以上のように、日建学院の宅建講座の強みやメリット、受験生の口コミや評判の情報をまとめました。

大手の資格専門学校だけあって、日建学院の宅建講座は映像講義やテキスト、サポート体制などあらゆる点で優れています。

2,820名の合格実績は他のスクールと比べてもトップクラスですので、宅建士を目指している方にとって、日建学院を検討する価値は充分にあります。

=>宅建の通信講座 おすすめランキングはこちら