教材・講座

ユーキャン宅建講座の口コミ・評判は?合格率はどのぐらい?

ユーキャン宅建講座

CMでよく見かけるユーキャン。あなたもご存じでしょう。

とても大手なので信頼できそうですが、「講座の中身が、あなたに合うか?」は、また別の問題ですよね。

はたして、ユーキャンの宅建講座の内容はどうなっているのか? 一緒に見ていきましょう。

ユーキャン宅建講座について

ユーキャン 宅建講座の概要はどう?

まずは講座の概要を確認しましょう。

提供会社 株式会社 ユーキャン
価格 63,000円
テキスト テキスト全6冊「基礎テキスト」3冊、「実践テキスト」3冊
副教材 ガイドブック、過去問題集
添削 全7回(模擬試験1回を含む)
合格デジタルサポートパック ・デジタルテキスト
・1,100本の動画講義
・Webテスト
・学習スケジュールの自動管理(進捗や課題の管理)
サポート体制 質問への対応(1日3問まで)
・受講開始時期が、試験まで残り6か月未満だった場合、サポート期間が1年間ほど延長されます。
合格お祝い金 特になし
教育訓練給付制度 対応(一定の条件を充たした場合、お支払い金額の20%をキャッシュバック)
その他 ・模擬試験(全国統一直前模擬試験[全国統一模試]をオプションで提供)

ざっと眺めて見ると、必要なものは一通り揃っています。講義動画が1,100本というのは充実していますね。

また、上の一覧表では分かりませんが、「ユーキャンはテキストが分かりやすい」と評判です。

テキストについては、後ほど詳しくチェックしていきますが、第一印象は、かなりデキる感じのパッケージかな、との印象を受けます。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.

以下、ユーキャン宅建講座を実際に受講された方の評判・口コミを確認していきましょう。

ユーキャンの宅建講座の口コミ!レビューの評判は良い?

ユーキャン宅建講座の価格や値段はどのくらい?

ユーキャンの宅建講座の価格や値段は以下のとおりです。

一括払い:63,000円
分割払い:3,980円×16回(トータルで63,680円)

※ 添削回数は全7回、うち1回は模擬試験(模試)です。

TACやLECなど大手予備校の通学コースは10万円以上しますから、それに比べるとユーキャンは経済的な価格です。

ただ、コストだけを考えると、さらに安い通信講座はあります(詳細は後述)。

他社との費用(料金)比較

以下、ユーキャンと他社の宅建士通信講座の受講料の比較を見てみましょう。

スクール(企業) 講座/コース 受講料
スタディング 合格コース 19,800円
フォーサイト バリューセット1 59,800円
クレアール 完全合格パーフェクトコース 64,800円(キャンペーン中は38,500円)
ユーキャン 宅建講座 63,000円
アガルート ゼロから合格カリキュラム 54,780円
スタケン 宅建講座 32,780円
TAC 総合本科生SPlus 156,800円
LEC プレミアム合格フルコース 154,000円
大原 週2合格コース・入門パック 156,800円

主な宅建士通信講座の受講料は、1~6万円台と15万円台の二極化しています。

価格的に見て、ユーキャンの講座は、宅建講座全体の中では平均的な位置づけといえるでしょう。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら

.

価格は平均的なものの、圧倒的な知名度と信頼感は1~2位を争う講座ですので、次項より「ユーキャンのポイント」をくわしくチェックしていきましょう。

ユーキャンの宅建講座の特徴

ユーキャンの宅建講座の特徴

ユーキャン宅建講座の特徴は以下のとおりです。

  1. フルカラーテキスト
  2. 1,100本もの動画講義
  3. 最新ITの「合格デジタルサポートパック」
  4. 合計7回の添削指導
  5. メールや質問が実質無制限

以下、それぞれの詳細を見ていきましょう。

分かりやすいフルカラーテキスト

ユーキャンの宅建テキストユーキャンの宅建テキスト;【画像出典】ユーキャン公式

ユーキャンのフルカラーテキストは、分かりやすさを徹底追及しています。

毎年試験傾向を分析し、出題されるところだけに絞った、無駄が無くて無理なく学習できるテキストになっています。

また、テキストの構成にも工夫がしてあり、覚えるべきことは「チェックポイント」にまとめて記述してあるので、直前期にはそこだけ眺めることで最低限の復習がすぐに出来てしまいます。

また、テキストをインプット学習した後は、すぐに問題演習などのアウトプット学習をすることで、知識が定着します。

ユーキャンなら、「テキスト→動画→WEBテスト」と一連の流れでアウトプット学習まで行えるので、確実に実力を養成することができます。

また、ユーキャンのテキストはすべてデジタルテキストとしても付属。いつでもどこでも、スマホから全てのテキストを閲覧することができます。

コンパクトでスキマ時間に使える、1,100本もの動画講義

基礎テキスト3冊分の内容が、1,100本の講義動画になっています。

動画講義1本(1チャプター)は、わずか5分程度のため、通勤通学やランチなどの隙間時間を使って勉強できます。

最新ITを活用して楽しく勉強できる「合格デジタルサポートパック」

合格デジタルサポートパック合格デジタルサポートパック;【画像出典】ユーキャン公式

あなたに最適な勉強方法を教えてくれるナビ機能

デジタル合格パックのナビ機能を使えば、以下のような機能であなたをサポートしてくれます。

  • 自動的に、あなたの学習スケジュールを管理
  • 次に実行すべき課題を提示(課題管理)
  • Webテストを活用した弱点対策(あなたが苦手な問題を中心に出題)
  • ゲーム感覚で楽しみながらナビゲート

上のなかで、最後の項目のゲーム感覚で楽しみながらナビゲート」というのは、学習が進むたびにアイテムが貰えるなど、学習のモチベーションが上がる仕組みです。

合計7回の添削指導

添削講師のアドバイスにより、実力だけでなく、やる気も出ると評判なのがユーキャンの添削指導。

できるだけ多く(できれば全7回)添削課題を提出することで、苦手分野の克服や、得点アップに繋がります。

なお、最後の1回の添削は模擬試験になっており、本番試験前の予行演習になります。

質問が実質的に無制限など、充実した受講指導体制

ユーキャン宅建講座のサポート体制は以下のとおり。

  • 40年以上の開講実績、講師15名以上の体制
  • 1日3回までの質問対応(メールまたは郵送)
  • 法改正など最新情報の送付
  • 次回の試験で予想される出題の特集、前回試験における傾向分析等の配信

通信講座専門校としては、最高クラスのサポート体制といえるでしょう。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.

ユーキャンの宅建講座の合格率

ユーキャンでは、宅建試験の合格率は公開していません。

その代わり、合格者数を公開しています。

なんと、過去10年で15,551名の合格者を輩出しているとのこと。

ちなみに、上記の数字は2021年9月にユーキャンが調べたもので、2011年~2020年度試験に関する当講座受講生へのアンケートに回答された方で、実際に合格された方、および合格のお知らせを下さった方の数値とのこと。かなり信憑性は高いとみて良いでしょう。

よくある質問

Q1:ユーキャンの宅建講座で落ちた場合、再受講制度はありますか?

残念ながらユーキャンに再受講制度はありません。ただし、例年1月と4月に割引キャンペーンを実施しています。そうしたタイミングを見計らって受講しては如何でしょうか。

Q2:ユーキャンの宅建講座の勉強時間は?

ユーキャン宅建講座には、以下2種類の講座があります。

  • 一般講座:通常の講座。標準学習期間6カ月。
  • 短期合格講座:毎年4月頃に開講される講座。標準学習期間3カ月。

短期合格講座のほうが内容を圧縮していますが、どちらも63,000円(税込)で金額は変わりません。

Q3:ユーキャンの宅建テキストは本当に分かりやすいのでしょうか?

ユーキャン宅建講座の公式サイトにサンプルが一部だけ掲載されているので、実際にチェックしてみてください。

また、書店に行けばユーキャンの市販のテキスト(独学用)が販売されています。そちらの内容も参考になるかと思います。ただし、実際には通信講座のテキストのほうが、市販の独学用テキストより更に噛み砕いた表現をしていいます。全く同一ではないことにご留意ください。


 

Q4:宅建の独学でユーキャンのテキストを使うことはできますか?

上記Q3でご紹介したように、独学用テキストが市販されています。通信講座と全く同一のものではない点だけご了承ください。

ユーキャンの宅建講座 管理人トシゾーの評価(レビュー)

ユーキャン宅建講座の評価は?

それでは、ユーキャンの宅建通信講座について、管理人が気になったポイントをお伝えします。

学習のメインは紙のテキスト

上記にも書いた通り、ユーキャンの学習は紙のテキストと添削が中心。

他社の場合、業界最安価格の1万円台から受講できる「スタディング」、ユーキャンと同価格帯の「フォーサイト」など、多くの講座がオンライン(動画講義)メインに移行しています。

以上のような他社に比べ、ユーキャンは「テキスト+添削+動画の3本立ての戦略で合格を狙う」ということでしょう。

サポート重視の方に、ユーキャンはおすすめ!

ユーキャンの宅建講座は40年の歴史がありますし、通信専門校のなかではサポート体制についても、ユーキャンが一番充実しています。

また、添削があるのもユーキャンだけですが、その分、価格が高めです。

以上を考慮して考えると、ユーキャンの通信講座にマッチするのは

  • 動画講義はサブとして使いながら、テキストと添削が中心の通信講座を使って学習したい
  • メールや郵送による手厚いサポートが欲しい
  • 知名度と信頼性のある通信講座を、できるだけ手頃な価格で受講したい

という方になるでしょう。

上記3点を重視するのであれば、ユーキャンの宅建講座は有力な候補となるはずです。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.
また、その他のおすすめの通信講座を知りたい方は以下をチェックしてみてください。

=>宅建の通信講座 おすすめランキング

著者情報
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション