教材・講座の評判・口コミ

ユーキャン宅建講座の口コミ・評判は? ユーキャンの合格率はどのぐらい?

ユーキャン 宅建講座

 

<人気講座ランキング(上位3社)

  • 第1位 スタディング:高品質なのに最安価格19,800円(税込)
  • 第2位 フォーサイト:業界最高の合格率!全国平均の3.92倍
  • 第3位 ユーキャン7回の添削+実質無制限の質問など万全のサポート

=>宅建の通信講座 おすすめランキング&徹底比較の記事はこちら

 

こんにちは、ジュンです。

今回は、ユーキャン(U-CAN)の宅建通信講座の口コミや評判についてお伝えします。

ユーキャンと言えば、「通信教育の代名詞」的な存在の会社ですよね。

TVのCMでも良く見かけますし、知名度もバツグンですから、世間的な信頼・評価は高いと思います。

最近では、様々な芸能人の方が、ユーキャンのCMのなかで、資格取得を目指している、ということも話題になりました。

そんなユーキャンの宅建講座の実情は、どうなっているのでしょうか?

一緒にチェックしていきましょう。

なお、ユーキャンとは別の資格スクールですが、クレアールに資料請求を行うと、市販の宅建攻略本を、無料プレゼントしています(数量限定)。

宅建の勉強法について情報を集めたい方は、まずはそちらを読んでみては如何でしょうか。

よろしければ、チェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの宅建通信講座に資料請求すると、市販の宅建受験ノウハウ本無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

宅建の受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 宅建試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

※クレアールのWebサイトに画面が移動しましたら、必ず「宅建士試験非常識合格法 書籍プレゼント」と書かれたメニューを選択してください。

 

ユーキャンの宅建講座の概要や特長・ポイント

ユーキャン 宅建講座の概要

まずは講座の概要を確認しましょう。

提供会社 株式会社 ユーキャン
価格 63,000円
テキスト テキスト全6冊「基礎テキスト」3冊、「実践テキスト」3冊
副教材 ガイドブック、過去問題集
添削 全7回(模擬試験1回を含む)
合格デジタルサポートパック ・デジタルテキスト
・1,100本の動画講義
・Webテスト
・学習スケジュールの自動管理(進捗や課題の管理)
サポート体制 質問への対応(1日3問まで)
・試験まで6か月未満で受講開始した場合、指導サポート期間を1年延長
合格お祝い金 特になし
教育訓練給付制度 対応(一定の条件を充たした場合、お支払い金額の20%をキャッシュバック)
その他 ・模擬試験(全国統一直前模擬試験[全国統一模試]をオプションで提供)

さすがに抜群の知名度を誇るユーキャンの宅建講座、といった内容です。

受講生が合格に向けて勉強を進めやすいように、「かゆい所に手が届く」ような様々なコンテンツをパッケージ化しています。

このようにスキのない教材・講座の作りこみが、「ユーキャン」というブランドが多くの方に支持される要因であることは間違いないでしょう。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.

ユーキャンの宅建講座の特長・ポイント~合格までを見据えたカリキュラム

ユーキャンでは、最短で宅建に合格できるよう、カリキュラムが作られています。

  1. 大幅リニューアルでフルカラーに! とにかく初心者にも分かりやすいテキスト
  2. ムリなくスピーディーに学習が進む、1,100本もの動画講義
  3. 楽しく合格を目指せる! 受講生専用サービスの「合格デジタルサポートパック」
  4. 自分の弱点を見つけて補強できる合計7回の添削指導
  5. メールや質問が実質無制限! 法改正情報や前回試験の傾向分析などもある、徹底的な受講指導体制

上記のポイントについて、詳細に見ていきましょう。

ユーキャンの宅建講座 5つのポイント(詳細)

ポイント① 大幅リニューアルでフルカラーに! とにかく初心者にも分かりやすいテキスト

ユーキャンの宅建テキストユーキャンの宅建テキスト

通信講座の中で知名度NO.1のユーキャン。様々な特長がありますが、もっとも顕著な特徴は「分かりやすさを徹底追及した独自テキスト」にあります。

宅建講座に限らず、ユーキャンのテキストは分かりやすさに定評があります。このようなテキストの評判により、ユーキャンが現在の地位まで登り詰めた、と言っても過言ではないでしょう。

宅建講座においては、毎年の試験を徹底的に分析し、次の試験の傾向を予測しています。その分析した結果をテキストに反映し、例年、複数の分野で試験問題を的中させているのです。

基礎と実戦、2種のテキスト

学習のメインとなるテキストには、「基礎テキスト」「実戦テキスト」それぞれ3冊ずつ用意。

2種のテキストを組み合わせて学習することで、基礎知識と得点を取るための実戦力を効率よく身につけることができます。

一文字でも短く、わかりやすく

合格に必要な内容はしっかり確保しつつ、学習量をミニマムに絞り込んだテキストとなっています。1文字でも短く文字数を削り倒しながら、わかりやすさも追及したテキストが、効率学習を徹底サポートします。

覚えるべきポイントが一目瞭然でムダがない

基礎テキストと実戦テキスト共通で、覚えるべきポイントを「チェックポイント」に集約。

知識の定着度合がスムーズに確認できる上に、合格に必要な選択肢の正誤を判断できる知識を習得し、着実に得点力が磨かれます。

理解が進み、記憶に残るカラーテキスト

基礎テキスト3冊と実戦テキスト3冊、計6冊のメインテキストがすべてカラーに刷新

覚えるべき箇所が一目でわかり、図表も色分けされていることで、頭の中で整理しやすく、記憶に残りやすくなります。スマホでも読み進めやすいデザインになっています。

基礎テキストのポイント~知識識の習得からアウトプットまで一気に可能

基礎テキストの学習には、動画とWEBテストがセット。「テキスト→動画→WEBテスト」の一気通貫の学習ステップで、そのレッスンのアウトプットがすぐに行え、理解度チェックと知識の定着がまとめて進められます。

“WEBテストの正解”の積み上げは、スモールステップの成功体験につながり、学習のモチベーションアップにも貢献します。

実戦テキストのポイント ~過去問攻略も、着実に効率良く可能

過去問の焼き直しが7~8割を占める宅建試験は、過去問攻略が鍵となります。

実戦テキストでは、四肢択一式の過去問を選択肢ごとに徹底分析・解説し、さらに重要度の高い肢のみ、過不足なく厳選しました。

不要な捨て問を解くことなく、必要な知識に直結した良問を解き続けることで、ムダなく着実に合格力が身につきます。

本番に向けた予行演習が可能な完成テキスト

本番の出題形式に慣れるために作られたものが、完成テキストです。

四肢択一問題の解答のコツや着眼点が身につき、短期間に問題に慣れる訓練が可能です。本番試験の予行演習に役立ちます。

また、完成テキストの問題文には、手書き風の書き込みで、正解率のアップにつながる解答手順を伝授します。「解法テクニック」や「肢を切る方法」などが一目瞭然です。

さらに、「ひとことナビ」では、問題の解き方などをワンポイントアドバイス。動画講義アイコンがある問題は、動画でも復習が可能です。詳しい解説・アドバイスで、わからなかった問題もその場ですぐに復習できるので、着実に得点力が身につきます。

片手で持てるA5サイズ

メインテキストは、500mlペットボトルとほぼ同じ高さのA5サイズ。

小さなカバンにも入り、片手でも持てるので、どこでも学習可能です。

スマホやタブレットで、どこでも学習できるデジタルテキスト

宅建士講座では、基礎テキスト3冊と実戦テキスト3冊、計6冊のメインテキスト、完成テキストをデジタルテキストに丸ごと収録しています。

紙のテキストが手元にないときでも、テキストを読んだり過去問を解いたり、いつでもどこでも学べる環境が、あなたのお手持ちのスマホやタブレットで実現可能です。

キーワード検索やメモ書きなど、デジタルテキスト独自の機能も搭載されており、外出先や移動などのちょっとしたスキマ時間を活用できるので、学習時間を増やして、効率的に合格力アップを狙えます。

また、宅建講座のデジタルテキストは、アプリにも対応しています(無料)。

アプリをインストール後、各テキストをダウンロードしてしまえば、電波が入りづらい地下鉄などでも閲覧できます。

ポイント② ムリなくスピーディーに学習が進む、1,100本もの動画講義

今いる場所が”教室”に早変わりします

基礎テキスト3冊分のチェックポイントを動画講義でカバー。

動画やスマホメインで学習したいという方にもおすすめです。確認テストで理解度チェックもでき、インプットとアウトプットの好循環で、ムダなく理解が進みます。

ただ、管理人として補足しておきますが、ユーキャンの講義動画は、すべてのテキストをカバーするものではありません。

そのため、ユーキャンでの学習におけるメインの教材は、最終的にはテキストになります。その点だけ注意が必要です。

ひとくちサイズの映像授業で、学習が進む&覚えやすい

ほとんどの動画は5分程度で完結しているため、次の駅までに1本!ランチがくるまでに1本!といったように、ちょっとしたスキマ時間を余すことなく学習に活かせます。

たった5分の学習の積み重ねがあなたを合格へと導きます。

わかりやすさに定評の講義が約1,100本

動画講義は約1,100本。ユーキャンのホームページで私もサンプル講義を視聴しましたが、かなり分かりやすい印象です。

電子黒板を使った見やすくテンポの良い講義で、講師の解説や情報が頭の中にするするとインプットされていき、スピーディーに学習が進みます。

実際の動画では倍速再生にも対応。時短でインプット可能です。

お好みで学習スタイルが選べる

レッスンが細かく区切られているので「移動中は動画」「続きはテキストで」といったように併用した学習が可能です。

テキスト学習と動画講義を組み合わせて、お好みのスタイルで学習いただけます。

ポイント③ 楽しく合格を目指せる! 受講生専用サービスの「合格デジタルサポートパック」

合格デジタルサポートパック合格デジタルサポートパック

ナビに従って毎日の課題に取り組むだけ

ユーキャンの宅建講座では、テキストや動画講義をスマホやパソコン、タブレットから閲覧できます。

さらに、WEBテストを通した弱点対策や、合格に不可欠な効率の良い学習の土台となるスケジュール・課題管理まで、充実の機能を搭載!毎日の学習がスマホひとつで行えます。

外出先や移動などのスキマ時間を学習に活かせることで、効率的に合格力がアップ。短期合格が目指せます。

「今のペースで間に合うの?」 「次は何をどれくらい学習したらいいの?」 「時間を有効活用して、スマートに合格したい」 そんな学習の悩みや不安を解決。

よりスマートに、無理なく宅建試験合格が目指せます!

「合格デジタルサポートパック」の主な機能は、次のとおり。

学習スケジュールを自動で管理

学習進捗と残りの学習期間から、次に学習すべき今週の課題を表示。無理のないペース配分が自動的に実現されます。
課題の消化率から、合格に向けた現在地が一目で分かり、モチベーションも維持できます。

弱点を効率的に克服

WEBテストの結果から、あなたの苦手の度合いに合わせて、優先的に対策すべき問題を洗い出します。苦手な問題から出題してくれるので、効率的に弱点克服が可能です。

便利なデジタルテキスト

前述のとおり、テキスト、問題集をお手持ちのスマホやタブレットに!外出先や移動など、スキマ時間を有効活用することで、より効率的に学習できます。

対象はメインテキスト6冊(基礎テキスト3冊・実戦テキスト3冊)、完成テキストです。

基礎テキスト3冊分の動画講義

こちらも前述しましたが、基礎テキスト3冊の大部分が動画講義に対応。動画やスマホメインで学習したいという方にもおすすめです。

確認テストで理解度チェックもでき、インプットとアウトプットの好循環で、ムダなく理解が進みます。

ゲーム感覚で楽しみながら合格する仕組み【新機能】

「はじめの10日」「テキスト1完了」など学習が進むたびにバッジをゲット!バッジが増えるたびに達成感を実感しながら学習が進み、自然と合格力アップにつながります。

ポイント④ 自分の弱点を見つけて補強できる合計7回の添削指導

得点力アップや弱点の克服に

ユーキャンの宅建通信講座では、受講生は独学+添削指導による実力養成が中心。

ユーキャンの添削指導は、実力がアップするのはもちろん、やる気も湧いてくると好評です。ご自身の理解度をチェックしつつ、苦手分野を把握できます。

添削指導で提出した課題は、講師が詳細な講評や解答のコツなど、アドバイスを添えて返ってきます。

弱点補強や得点アップに役立つので、試験に向け、より効果的かつ効率的に学習を進められます。

模擬試験で予行演習

全7回ある添削課題のうち、最後の1回は模擬試験。試験前の予行演習として活用できます。

試験時間と同じ2時間以内に解くチャレンジをして、ペース配分をつかみましょう。

ポイント⑤ メールや質問が実質無制限! 法改正情報や前回試験の傾向分析などもある、徹底的な受講指導体制

宅建試験では、法改正があった部分がよく出題されますので、そうした最新情報を受講生にお知らせします。

また、次回の試験で出題されそうな数字・用語についての特集、前回試験の傾向分析などもお知らせします。

ユーキャンのサポートは、試験後にも行われます。

受験したかどうかに関係なく、試験の解答速報が送られてきます。再挑戦を目指す方も安心できるでしょう。

さらに、受講開始から試験実施月までの期間が標準学習期間である6ヵ月未満の場合、次年度の試験まで、添削や質問サービスを継続してサポートしてくれます。

ほぼ無制限! メールや郵便で質問OK

講座に関する質問は、メールや郵便で自由にできます。

ただし、質問回数は無制限かと思いきや、「質問回数は1日3問まで」との記述がありました。

おそらく、これは一部の大量に質問をしたがる受講生への対策だとと思われます。通常は通信添削全期間を通じて数回~十数回もあれば十分でしょうから、実質、無制限に近いものと思われます。

長年の受験指導による優れた指導体制

ユーキャンの宅建講座は30年以上の開講実績があります。

そのため、

・テキストの製作
・日々受講生の方から寄せられる質問への回答
・添削課題への赤ペン指導

などを、経験豊富な講師が全面的にサポートする体制が整っています。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.

ユーキャンの宅建講座の合格率

ユーキャンでは、宅建試験の合格率は公開していません。

その代わり、合格者数を公開しています。

なんと、ユーキャンの宅建講座は、令和元年度の宅建試験合格者数は、1,369名とのこと。

母数(ユーキャンの受講生で、宅建試験を受験した総数)が分からないのは残念ですが、それでも、さすが大手通信教育会社だけありますね。

ユーキャンの宅建講座の価格や値段

ユーキャンの宅建講座の価格や値段がどのくらいなのか、以下ではまとめてみました。

一括払い:63,000円
分割払い:3,980円×16回(トータルで63,680円)

※金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
※支払い期間と標準学習期間は異なります。
※ 標準学習期間は6ヵ月 、添削回数は7回(模擬試験1回を含む)です。

通学制のスクールに通って宅建の勉強をするに当たり、十万円を超える費用がかかるケースは少なくありません。

そうした大手スクールよりは割安ですが、価格を中心に考えるならば、さらにコストパフォーマンスのよいスマホ対応動画講義の通信講座もあります(詳細は後述)。

そのため、ユーキャンの講座は、宅建講座全体の中では標準的な価格、という印象です。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.

ユーキャンの宅建講座の口コミ!レビューの評判は良い?

「ユーキャンの宅建講座は受講する価値があるの?」と悩む人のために、口コミやレビューの評判を紹介しています。

ユーキャンに申し込む前に評価の良し悪しをチェックしておきましょう。

ユーキャンの良い口コミや評価

・最初にテキストを見て、「これは面白そう!」と思いました。元々まったく知識がなかったのですが、どんどん頭に入っていきましたよ。

・実は受講前に、市販のテキストで独学をしていたんですが、ユーキャンのテキストのわかりやすさに驚きました。必要なことをぐっと凝縮した感じで、無駄な項目は一切なく、大事なことを絞って書いてあるんですよね。

・添削で点数が悪かった時、必ず一言添えてくれるんですよね。「あなたの弱点はここですよ。それをクリアするためには、ここを勉強してくださいね」という、非常に的を射たワンポイントのアドバイスをしてくれるのが大きかったですね。

ユーキャンの悪い口コミや評価

・独学との差はほとんどないと思います。

・ユーキャンは質問の返信のレスポンスが遅すぎると感じました。質問してから返ってきたのが2週間後で少し残念でした。

ユーキャンの宅建講座 管理人ジュンの評価(レビュー)

ユーキャン 宅建通信講座は「買い」か?

ここまで見たとおり、テキストと添削指導が充実しているユーキャンの宅建通信講座ですが、果たして「買い」でしょうか?

以下、管理人が気になる点を解説します。

紙のテキストがメインで、動画講義はサブ的な位置づけ

ユーキャンと言えば、従来は紙のテキストと添削指導が中心の通信講座でした。

しかし、現在のユーキャン宅建講座はリニューアルし、紙のテキストや添削に加え、動画講義にも力を入れるようになって来ています。

ただし、ユーキャンのホームページには「基礎テキスト3冊の大部分が動画講義に対応」という記載がありました。

つまり、現状でも、ユーキャンの場合は、テキストによる学習がメインということです。

一方、他社を見ると、業界最安価格の1万円台から受講できる「スタディング」、ユーキャンと同価格帯の「フォーサイト」など、現在では、大半の通信講座は動画講義をメインの教材としています。

以上のような他社に比べ、ユーキャンは「テキスト+添削+動画の3本立ての戦略で合格を狙う」ということでしょう。

ユーキャンのテキストはポイントを絞り、大変よくできているので、「動画講義だけでなく、テキスト主体に勉強したい」という方向けの教材ということになります。

添削や質問などのサポート体制を重視する方には、ユーキャンはおすすめ!

ユーキャンの宅建講座は30年の歴史があり、サポート体制も整っています。しかし、その体制に対して6万円の費用を払う価値があるのか、考えてみる必要があります。

たとえば、1万円台の「スタディング」には、質問サービスを省いて低価格を実現しています。

また、「フォーサイト」はコースにより質問回数に上限がある、という状況です。

ここに挙げた他社と比較した場合、サポート体制については、ユーキャンが一番充実しているでしょう。

また、赤ペン先生がしっかり採点してくれる添削があるのもユーキャンだけです。

ただ、その分、価格が高めであることは事実ですので、

あなたが「どんな機能(体制)」を、もっとも重視するのか

を明確にして、最適な通信講座を選んで欲しいと思います。

以上を考慮して考えると、ユーキャンの通信講座にマッチするのは

  • 動画講義はサブとして使いながら、テキストと添削中心の通信講座で学習したい
  • メールや郵送による手厚いサポートが欲しい
  • 実績のある大手スクールの通信講座を、比較的手頃な価格で利用したい

という方になるでしょう。

上記3点を重視するのであれば、ユーキャンの宅建講座は有力な候補となるはずです。

=>ユーキャンの宅建講座 公式サイトはこちら


.
また、その他のおすすめの通信講座を知りたい方は以下をチェックしてみてください。

=>宅建の通信講座 おすすめランキング

<宅建通信講座 人気ランキング>

<その他の宅建通信講座>

<その他>