教材・講座

クレアール宅建講座を信じて合格できる?評判・口コミまとめ!【2022年最新版】

クレアール宅建通信講座

今回は、クレアール宅建通信講座について、お伝えします。

クレアールは長い歴史を持つ資格スクールで、の前身の「東京商科学院」は1969年開設。税理士、公認会計士、日商簿記検定などの受験指導から始め、それから53年も雲影を続けています。

もともとは通学の資格学校でしたが、現在ではWebのオンラインを基本とする通信講座にシフト、スマホやPCなどを使い、いつでもどこでも動画講義で勉強できる点が人気です。

そんなクレアールの宅建講座について、早速見ていきましょう

※現在クレアールに資料請求を行うと、市販の宅建攻略本を、無料プレゼントしています。

そちらも、ぜひチェックしてみてください。


=>クレアール 宅建試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼントのページへ
.
※画面遷移したら、下の方へスクロールして「宅地建物取引士-非常識合格法書籍プレゼント」と書かれたリンクをタップしてください。
.

クレアールの宅建通信講座 ポイントを、ざっくり説明!

クレアールの宅建講座は、当サイトでも人気の高い(閲覧数が多い)講座の1つです。まずはポイントを確認しましょう。

・価格は比較的安価

・合格に必要な範囲だけを学習する「非常識合格法」

マルチデバイスに対応した学習システム

宅建指導歴30年と20年のWベテラン講師による分かりやすい講義

クレアール完全オリジナルのテキスト・過去問題集に加え、講師自ら作成した分野別問題集・模試も揃った充実の教材

通信講座なのに対面カウンセリングも可能! 大手スクール並みのサポート体制

これだけ見ると、低価格ながら、かなり質の高いコストパフォーマンスの高い講座のように感じますよね。

実際どうなのか、細かいポイントを忖度なしでチェックしていきましょう。

 合格に必要な範囲だけを学習・・・それが非常識合格法

宅建試験は約75~80%を確保すれば合格できる試験です。

クレアールの「非常識合格法」では満点ではなく、合格必要得点範囲に絞り、最短で合格する方法です。

つまり満点(100点)ではなく、合格点(80点)のクリアを目指す学習法です。

特に高価格な大手予備校では「宅建の出題分野すべてを網羅」というところが多いですが、忙しい社会人受験生など、勉強時間が足りずに不合格になったら目も当てられません。

クレアール宅建講座は、どこよりも最短で合格できることを目指しています。

科目別合格戦略

最短合格のために、勉強する範囲を「科目ごとに細かく設定」しています。具体的には以下のとおり。

  • 宅建業法:20問中20問正解を目指す
  • 権利関係(民法等):14問中6割程度を目指す
  • 法令上の制限:8問中8問正解を目指す
  • 税・その他:8問中7割程度を目指す

いかがでしょうか。科目ごとに全く戦略が違うのがお分かりかと思います。出題数が最も多い宅建業法は得点源となる科目のため満点を目指す。もっとも難解な権利関係は深入りしない・・・など、ベテラン講師により計算された方法論を実践します。

クレアール宅建講座のマルチデバイス対応とは?

クレアールのマルチデバイス対応とは、「動画講義を再生する機器を選ばない」ということ。

具体的には、以下のどれでも、動画講義のすべて受講できます。

  • Windowsパソコン
  • Macパソコン
  • Androidスマートフォン
  • タブレット、
  • iPhone
  • iPadiPod touch

また、Windows、Mac、iOSでは、最大2倍速の高速再生も可能。さらに講義視聴時間を圧縮できます。

自宅だけでなく、外出中でもいつでもどこでも学習する環境が作れます。

一問一答Webテストもできる、充実のeラーニングシステム

クレアール宅建講座は、以前は、スマホやPCで出来ることは講義動画の閲覧のみでした。現在、新しく「一問一答Webテスト」が使えるようになり、ちょっとした隙間時間でもアプトプット学習ができるようになりました。

宅建指導歴30年と20年のWベテラン講師

クレアール宅建講座は、講師2名体制。

メインとなる「完全合格パーフェクトコース」「上級パーフェクトコース」等を担当するのは、宅建士指導歴20年の石川秀才講師。

石川講師は、切れ味鋭く聴く者を飽きさせない講義が特長。また、専門誌から受験本まで、今まで70冊以上の著作の実績があります。

一方、短期合格を狙う「サクセスコース」を担当するのは、宅建指導歴30年の氷見敏明講師。 “宅建受験界の合格請負人”として有名です。『氷見敏明の「楽学宅建士」(住宅新報社)』をはじめ、著名な宅建本「楽学シリーズ」の著者です。

贅沢な講師陣ですが、選べるのはいずれか一人。クレアール宅建講座の公式サイトで、「あなたに合う講師はどちらか?」、お二人のサンプル講義を視聴してみてください。

講義と完全にリンクした教材がリニューアル!

クレアール完全オリジナルの新テキストブックや新・過去問題集に加え、講師自ら作成した分野別問題集・模試・一問一答Webテストと充実の教材内容。

新テキストブックや新・問題集は、講師の講義内容と完全にリンクしており、最短合格に向けて集中して取り組むのに最適。

「非常識合格法」を具体化したような、無駄な部分を徹底的に省いた、A5サイズのコンパクトな教材です。

図表やイラストで情報をわかりやすく整理。理解から知識の定着へと導きます。

対面カウンセリングも可能! 大手スクール並みのサポート体制

Eメール/質問用紙による質問フォローは、回数に制限はありません。

そして、管理人も驚いたのが「対面カウンセリング」。低価格の通信講座なのに、超豪華なサービスです。

対面(学習)カウンセリングは予約したうえで、クレアールの校舎に訪問して学習カウンセリングを受けることになります。

学習カウンセリングでは、アドバイザーが受講生の学習方法や学習計画の悩みの相談に乗り、解決してくれます。

まさに大手資格スクール並みのサポート体制です。

クレアール宅建通信講座 各コースの内容と受講料

2022年合格目標 完全合格パーフェクトコース[全207単元]

メインとなる「基本講座」の前に宅建業法、権利関係の2分野の入門編から受講することで、早めに宅建士試験の重要科目の全体像を掴みます。

「基本講座」では合格に必要な知識を定着させ、続く「実力アップ演習講座」で問題演習を行いながら実戦力を高めます。

法律を初めて学習する方を安心して合格まで導いていくフルパックコースです。

標準価格は 59,800円 ですが、2022年7月末まで43,056円となっています。

このように、クレアールの通信講座はキャンペーンを利用すると、かなり安く申し込むことができます。クレアールにお申込みの際は、キャンペーン実施中ではないか、必ず確認するようにしてください。

2022・2023年合格目標 完全合格セーフティコース

2022年の本試験が万が一の結果に終わってしまっても、「基本講義」が2023年10月まで視聴延長でき、併せて2023年目標の最新「上級コース」を受講することができるコースです。

「基本講座」で合格に必要な知識を定着させながら、400問の演習課題で合格に必要な論点の理解を深めていきます。

続く「実力アップ演習講座」で試験傾向を掴みながら、更なる実戦力の向上を図ります。

気になる法改正点は、「法改正講座」で完全フォロー。

最期に、「公開模擬試験」で総仕上げ。初めて宅建士試験を目指す方が、安心して受講できるフルパックコースです。

標準価格は 71,600円ですが、2022年7月末まで51,552円となっています。

合格お祝い金 8,000円がもらえる!

「完全合格パーフェクトコース」および「完全合格セーフティコース」は、合格お祝い金の対象コースです。

このコースを受講された方が2022年の宅建士本試験に合格され、合格体験記などの執筆をした場合、「合格お祝い金」として8,000円がもらえます。

【未受講分返金制度】 未受講分の受講料はご返金!

「完全合格セーフティコース」を受講の方が、2022年の宅建本試験に合格された場合は、2023年目標の受講料(12,000円相当)が返金されます。

【受験料クレアール負担】

2022年の宅建士本試験に限り、受験料(7,000円)をクレアールに負担してもらえます。

クレアール宅建通信講座 評判・口コミ

・講義をスマホでいつでも、どこでも聴ける点は重宝しました。また、クレアールから配布された問題の数々は精度が非常に高かったと思います。

・氷見先生の講義は、テキスト、講義で使用する独自のパワーポイントを利用した板書ノートなどで分かりやすく解説してくれた後、すぐに問題演習をするので、インプットされた知識が頭に残りやすく、法律が苦手だった私でも効率よく基礎知識を身に付けることができたと思います。

・テキストも1冊に纏めてあるので、分かりやすく、持ち運びもしやすいのも魅力でした。先生の講義中よく出てくる「語呂合わせ」での暗記方法は、他のテキストとは比べ物にならないほど頭に入ります!

クレアール宅建通信講座 管理人トシゾーの評価

ここまで、クレアールの宅建通信講座の内容や口コミ・評判を見てきました。

クレアールの宅建通信講座は、良心的な価格ながら、「ベテラン講師による分かりやすい講義」や「合格に必要な個所にのみ絞ったカリキュラム」など、内容も非常に充実しています。

さらに、講師の講義と完全にリンクしたオリジナルテキストに加え、講師自ら作成した問題集や模試が付属するということですから、テキストと講義の連動が十分に取れていることは間違いないでしょう。

前述のとおり、クレアールの通信講座はキャンペーンを利用すると、かなり安く申し込むことができます。 現在、2022年7月末まで、クレアールでは「キャンペーン」を実施中ですので、クレアールを検討中の方は、7月末までにお申し込みされることを強くおすすめします。

なお、現在クレアールに資料請求を行うと、市販の宅建攻略本を、無料プレゼントしています。

そちらも、ぜひチェックしてみてください。


=>クレアール 宅建試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら
.
※画面遷移したら、下の方へスクロールして「宅地建物取引士-非常識合格法書籍プレゼント」と書かれたリンクをタップしてください。
.

著者情報
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション