教材・講座の評判・口コミ

宅建のテキスト・参考書 独学におすすめのテキスト・参考書を教えます!

宅建 独学向けおすすめテキスト

こんにちは、ジュンです。

書店に行くと、宅建のテキスト・参考書は、本当に多くの種類がありますよね。

これから宅建の勉強を始めようという方にとって、

どのテキスト・参考書が自分に最適なのか?

というのを判断することは、非常に難しいと思います。

そこで、今回は、宅建試験(宅地建物取引士試験)を独学で勉強される方向けに、独学に最適なテキスト・参考書をランキング形式で紹介します。

単なるランキングの順位だけでなく、ランキングに登場する各テキスト・参考書を選んだ理由や、そのテキスト・参考書が向く方なども記載していますので、

そちらを参考にすれば、あなたに最もおすすめなテキスト・参考書が必ず見つかるはずです。

ぜひ、ランキングを参考にして、あなたに最適な独学向けテキスト・参考書を見つけて欲しいと思います。

宅建のテキスト・参考書 おすすめの使い方!

テキスト・参考書は、1冊に絞って使う

宅建に限りませんが、試験勉強を始めると、何冊ものテキストや参考書を、次々に手をつける方がいます。

気持ちは分かります。特に独学は、周りにアドバイスなどをしてくれる方はいませんから

「この方法で勉強を続けて、本当に受かるのだろうか」

と不安になることもあるでしょう。

しかし、考えても見てください。

様々なテキスト・参考書の冒頭だけ、つまみ食いのように手を付けることを繰り返す・・・そんなことをしている間に、時間ばかりが過ぎてしまいます。

極端な話、

どんなテキスト・参考書であれ、それ一冊を信じて勉強に打ち込めば、合格できないことはない!

というもの真実です。

↑こんなことを書くと、このランキング記事の存在意義が問われそうですが(苦笑)、

少なくとも、市販のテキスト・参考書では、様々なチェックをクリアして、書店に並んでいるわけです。

どれも、一定のレベルをクリアしていることには、間違いありません。

このランキングは、そうした一定のレベルをクリアしたテキスト・参考書の中から、あなたに最適な一冊を選ぶもの、と考えてください。

そして、一旦選んだら、そのテキスト・参考書を信じてやり抜く。

もちろん、どうしても「自分に合わない」と思ったら、一度ぐらいは他の書籍に変更しても構いません。

しかし、色々なテキスト・参考書に目移りして、あれこれ手を出すことは絶対にやめてくださいね。

Web上の無料テキスト・参考書ではなく、市販のテキストや参考書を使う理由

Web上では、様々な宅建の無料テキスト・参考書が、配布されたり閲覧できたりします。

しかし、そのようなテキスト・参考書を利用して独学することは、おすすめできません。

前述のとおり、市販のテキスト・参考書は、一定のレベルをクリアしていますが、Web上の無料テキスト・参考書では、そのレベルに達していないものが、ほとんどだからです。

それでは、一定のレベルとは具体的にどのようなものかというと、以下の3つの条件を充たしていること、と言えるでしょう。

条件(1) そのテキスト・参考書が独自のコンセプトを持ち、試験範囲全体を網羅している

市販のテキスト・参考書は、どれも独自のコンセプトで作られています。

たとえば、

「できるだけ詳しく」

「合格に必要な最低限の内容に絞った」

「話し口調」

「イラストや図を多く」

「対話式(例:先生と生徒など)」

など、そのテキストや参考書の著者や出版社が最適と考えるコンセプトで、試験範囲全体を一貫して執筆されています。

Web上にあるブログなどでは、試験範囲の一部を丁寧に解説したものなどありますが、試験範囲全体を、きちんと網羅しているものは、ほとんどありません。

当たり前のようですが、

同一のコンセプトで、試験範囲全体を網羅する

ということは、有料のテキスト・参考書ならではの魅力と言えるでしょう。

条件(2) 責任の所在が、ハッキリしている

市販のテキスト・参考書は、出版社や編集者、そして著者が責任を持って制作しています。

もし不備があれば、彼らは公表して正誤表を出したり、最悪の場合、返金などの対応が必要になるかも知れません。

Web上の無料テキスト・参考書には、責任の所在が分からないものも多く、そうしたものは安心して利用できる、とは言えないでしょう。

条件(3) 市販のテキスト・参考書は法改正に対応している

宅建試験は、法改正した箇所がよく出題されます。

市販のテキスト・参考書では、そうした法改正にも、きちんと対応しています。

Web上の無料テキスト・参考書では、記述が古いままで対応できていないものも多く、そうしたもので勉強していると、本番で得点できたはずの問題を落としかねません。

スキマ時間を利用して確実に合格したいなら、通信講座の利用も検討する

ここまで、宅建の独学で市販のテキスト・参考書を使う理由を見てきました。

現在販売されている市販のテキスト・参考書は、どれも工夫されています。

今回のランキングを参考に、あなたに最適なテキスト・参考書を選び、きちんと勉強すれば、独学でも合格することはできるでしょう。

ただ、管理人の場合、市販のテキスト・参考書を使った独学は、途中で諦めてしまったんですね。

実は、途中から、スマホ動画対応の通信講座へと、教材を変更したのです。

というのも、管理人は、初めての宅建試験の挑戦を、あまり試験本番まで時間がないなかで始めたのですが、

市販のテキスト・参考書を使った独学だと、どうしても本番までに間に合わない、と思ったからです。

スマホ動画に対応した通信講座では、同じようなテキスト・参考書を使っていても、専門講師の先生が、分かりやすい話し言葉で、かみ砕いて説明してくれます。

また、テキストや参考書を開けないような満員電車の通勤中でも、スマホを使って動画を見ることは可能です。

このように、スマホ対応の通信講座なら、スキマ時間を徹底的に使い倒すこともできます。

ですので、もし、あなたが

市販のテキスト・参考書を使うよりも、もっと早く試験勉強も仕上げたい

と思うのであれば、スマホ動画対応の通信講座も検討してみてください。

ちなみに、管理人は最安価格なのに品質も良好なスタディング(18,500円・税別)
利用していました。

スタディングの詳細や評判・口コミは、下記の記事でチェックしてみてください。

スタディング 宅建士講座
スタディング(旧 通勤講座)宅建(宅地建物取引士)講座の評価・評判・口コミ ~良い点・悪い点を徹底分析!こんにちは、ジュンです。 KIYOラーニングの「スタディング(旧 通勤講座)宅建講座」は、私が宅建試験に合格した時に使っていた教材...

宅建のテキスト・参考書 おすすめ・ランキング!

それでは、宅建の独学用テキスト・参考書のランキングを見ていきましょう。

第1位:どこでも学ぶ宅建士 基本テキスト(日建学院)


 

建築・不動産分野の受験予備校としてはNO.1とも言われる日建学院の執筆したテキスト・参考書です。

猫のニャカ先生が

分かりやすく説明で
図解も多く
具体例も豊富に

教えてくれるテキスト・参考書になっています。

本書の最大の特長は、なんといっても「累計合格者数100,000人以上を輩出した」日建学院が、そのノウハウを徹底的に盛り込んだのではないか、と思えるほど、分かりやすい説明になっている点です。

その分、テキスト・参考書は、それなりの厚さになっており、「合格に必要な部分のみ」というよりは、「しっかりと学習する」というコンセプトのテキスト・参考書になっています。

二色刷りであるなど、他社のテキスト・参考書に比べると劣る部分もありますが、

多少時間をかけても、宅建試験に関する知識をしっかり理解して覚えたい

という方には最適なテキスト・参考書と言えるでしょう。

第2位:合格しようぜ!宅建士 基本テキスト(大澤茂雄)


 

第2位は、宅建ダイナマイト合格スクールの大澤茂雄先生が書かれたテキスト・参考書です。

このテキスト・参考書は、30時間分の音声講義が付いてきます(テキスト・参考書納品購入者のみ、出版社サイトで案内)。

大澤先生の講義は、しゃべくり漫才のようで面白く、音声講義も非常に面白いものになっていますが、テキスト・参考書本編も分かりやすく書かれています。

テキスト・参考書の構成は、犬のジョン先生と生徒のニャンコ(猫)の対話式になっており、出来る限り分かりやすくかみ砕いた表現となっています。

その分、表現が回りくどくなっている点もあり、人によっては好き嫌いが分かれるかも知れません。

そのため、ランキング第2位としましたが、管理人個人的には、第1位でもおかしくないテキスト・参考書だと思っています。

本テキスト・参考書をおすすめする方は

普通のテキスト・参考書では飽きてしまう方
対話形式の読みやすいテキスト・参考書を求める方

となるでしょう。面白さで言えば、このテキスト・参考書の右に出るものはありません。

Amazonで「なか見検索」検索できますので、気になる方はチェックしてみてください。

第3位:わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト(木曽計行)


 

第3位は、大手資格スクールTACの講師の方が書かれたテキスト・参考書です。

このテキスト・参考書は、フルカラーで、さらに科目別に4分冊になるという点が、最初に目につくポイントです。

さすがTACだけあり、最新のテキスト・参考書のフォーマットに沿っている、という感じがします。

中身については、冒頭に「まずはここから!基本テーマ32」という特集があり、絶対に落としてはいけない頻出論点を説明しています。

ここだけでも目を通す価値はあるでしょう。

そして、肝心のテキスト・参考書の中身ですが、こちらは良くも悪くもオーソドックスな感じです。

講師が講義で説明するような口調で書かれており、イラストや図表は少なめで、どちらかと言えば、しっかり文章で説明する感じです。

全体として、スキのない「宅建テキスト・参考書の優等生」的な存在と言えるでしょうか。

オーソドックスなテキスト・参考書を好む方におすすめします。

第4位:らくらく宅建塾(宅建学院)


 

第4位は、独学向け宅建テキスト・参考書のパイオニア的存在、「らくらく宅建塾」です。

このテキスト・参考書の最大の特長は、「合格に必要な点のみに論点を絞って執筆されている」ところでしょう。

そのため、数ある宅建テキスト・参考書の中でも、1,2を争うぐらいに薄いテキスト・参考書になっています(それでも500ページほどありますが)。

また、宅建の科目のなかでも最も難易度が高い「権利関係(民法等)」が分かりやすい、とネット等の評判・口コミにも多く書かれています。

ただ、管理人が見たところ、最近は良いテキスト・参考書も多くなっているため、特に本テキスト・参考書の権利関係(民法等)が他より分かりやすい、というわけでもありません。

その他、気になる点として、

ゴロ合わせなどを使い、多少強引に暗記させる

形式になっていることが挙げられます。

これは、「テキストや参考書の分量を減らす」ということの裏返しかと思いますが、好き嫌いが分かれる点かも知れません。

とは言え、実績のあるテキスト・参考書ですし、「暗記でも大丈夫」という方なら、最短時間の学習することができるかも知れません。

よって

勉強時間があまり取れない方
ゴロ合わせなどの暗記が得意な方(好きな方)

などにおすすめします。

宅建のテキスト・参考書 独学におすすめテキスト・参考書を教えます! <まとめ>

ここまで、管理人のおすすめする独学向けテキスト・参考書を見てきました。

ただし、本文を読んで頂ければ分かるように、一口に「おすすめ」と言っても、それぞれコンセプトが全く異なりますので、万人にとってNO.1のテキスト・参考書は存在しません。

ぜひ、あなたの性格や勉強法にあった最適な一冊を選んで欲しいと思います。

また、前述のとおり、市販のテキスト・参考書による学習が難しければ、スタディングのようなスマホ動画対応通信講座もぜひ試してみてください。

あなたの宅建試験合格を、応援しています!

スタディング 宅建士講座
スタディング(旧 通勤講座)宅建(宅地建物取引士)講座の評価・評判・口コミ ~良い点・悪い点を徹底分析!こんにちは、ジュンです。 KIYOラーニングの「スタディング(旧 通勤講座)宅建講座」は、私が宅建試験に合格した時に使っていた教材...

宅建試験関連については、下記の記事も参考にしてください。