フォーサイト

【2021年10月最新版】フォーサイト宅建講座 価格・キャンペーン情報!

 

現在、フォーサイトでは「宅建本試験お疲れ様キャンペーン」を実施中です。

2021年10月25日(月)21時まで、最大50%off(最大70,200円引き)のキャンペーンを実施中!

=>「フォーサイト 宅建 通信講座」の公式ページはこちら

こんにちは、ジュンです。

この記事では、フォーサイト宅建講座の価格やキャンペーン情報をまとめています。

フォーサイトといえば、

  • 30年以上の実績を持つ老舗の資格の通信スクール
  • これまで累計31万以上の受講生を輩出
  • スマホ対応動画講義、フルカラーテキスト、先進のEラーニングシステムなど充実した学習内容

などの特長があり、当サイトでも1,2位を争う人気の宅建講座です。

とは言え、どんなに人気で充実した講座でも、どうせ受講するなら、できるだけお得に受講したいですよね。

そんな方に役立つ情報を掲載していきますので、フォーサイトに興味のある方、チェックしてくださいね。

この記事は、随時更新します!

なお、フォーサイト宅建講座の口コミ・評判を知りたい方は、以下の記事でチェックしてください。

フォーサイト 宅建講座
フォーサイトの宅建講座 口コミ・評判・合格者の声を徹底分析! こんにちは、ジュンです。 今回は、通信教育会社のフォーサイト(foresight)が提供する宅建(宅地建物...

 

フォーサイト宅建通信講座 価格(料金)・受講料

コース、キャンペーン

フォーサイトの宅建通信講座には、以下のようなコースがあります。

  • 単科講座 基礎講座: 47,800円(税込、送料別)
  • 単科講座 過去問講座: 47,800円(税込、送料別)※模擬試験も付属
  • 直前対策講座(法改正・統計資料対策編・択一対策編)セット: 16,800円(税込、送料別)
  • バリューセット1(基礎+過去問講座):価格59,800円(税込、送料別)
  • バリューセット2(基礎+過去問+直前対策講座):価格68,800円(税込、送料別)
  • バリューセット3(基礎+過去問+直前対策講座+科目別答練講座+過去問演習システム):価格89,800円(税込、送料別)※全額返金保証有り

※価格(料金)は時期により変動することがあります。購入前に公式サイトで確認をしてください。

単科講座の方が安いですが、受験対策としては、少なくとも基礎講座と過去問講座がないと話になりませんので、実質的にバリューセットを選ぶ必要があります。

詳細な教材内容

フォーサイトを受講すると、具体的にはどのような教材が送られてくるのでしょうか? ここではバリューセット1~3の詳細な教材内容について見て行きましょう。

基礎講座(バリューセット1~3共通)

  • テキスト 4冊

過去問講座(バリューセット1~3共通)

  • 問題集 5冊
  • 再現問題
  • 模擬試験(1回分)
  • 演習ノート

eラーニング ManaBun(バリューセット1~3共通)

デジタルテキスト・講義動画+音声(ストリーミング・ダウンロード)・eライブスタディ・学習スケジュール・確認テスト・チェックテストなど

補足資料・副教材(バリューセット1~3共通)

  • 受講ガイド
  • 戦略立案編
  • 合格必勝編
  • 入門講座 テキスト(宅建士の実務を例にしながら、学習内容の全体像を把握できる)
  • 統計資料・法改正情報等
  • 合格カード
  • 宅建マンガ
  • 合格体験記
  • 無料メール質問 (バリューセット1は10回、同2は15回、同3は20回まで)

直前対策講座(バリューセット2~3共通)

  • 特別レジュメ 全2編 2冊

科目別答練講座(バリューセット3のみ)

  • 問題用紙 4冊
  • 解答・解説 4冊
  • 解答用紙 4枚

過去問 一問一答演習【eラーニング内】(バリューセット3のみ)

一問一答形式の過去問演習により、選択肢の組合せの運に左右されない、本物の問題解答力を身につけることができます。解答データから苦手な問題が洗い出され、より効率的に学習が可能。また、時間と問題数を指定し、自分だけの「オリジナル模試」の作成ができます。

※詳細な教材内容は以上となります。一見多いように思われるかも知れませんが、メインで利用するのは「テキスト4冊・問題集5冊」となります。いつでも上記すべてが必要な訳ではありませんので、「持ち歩きが大変」などということはありません。

教育訓練給付制度に対応

フォーサイトの宅建講座のうち、バリューセット1~2は、教育訓練給付制度(一般教育訓練)の対象講座です。

そのため、一定の条件を充たすと、講座受講時に支払った金額の20%がハローワークから給付されます。

給付条件には、本試験の合格・不合格は含まれないので、試験に不合格でも他の受給要件を充たせば、20%の給付を受けられます。

=>管理人おすすめの通信講座「フォーサイト 宅建 通信講座」の公式ページはこちら

.

購入時にはクーポンをチェック

フォーサイトの宅建講座では、不定期にクーポンを発行しています。

クーポンがあれば、バリューセットを中心に割引きが適用されますので、受講を検討する際には、クーポンやキャンペーンの情報を確認するようにしてください。

2021年10月1日現在、バリューセット3が8,000円割引となるスペシャルクーポンを提供中です。利用される方は、フォーサイト宅建講座の「受講料・お申し込み」ページにて、クーポンコードをチェックしてみてください。

 

全額返金保証 ~もしも不合格なら、受講料を全額返金

バリューセット3は全額返金保証制度が適用されます。

「バリューセット3で実際に学習を進め、フォーサイトの規定を満たしたにもかかわらず、試験に合格できかった場合、全額返金」となります。

ただし、フォーサイトの規定を確認したところ、かなりハードルが高い(返金の条件が厳しい)です。

【全額返金を受けるための規定】

  • 全ての確認テストにおいて100点を取得すること
  • 専用試験(学力テスト)を2回受検し、150点満点で平均120点以上を取得すること
  • 本試験において合格基準点の9割を満たすこと、かつ足切りの点数以上を取得すること
  • 本試験前に必要書類を提出すること
  • 本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること

以上のように、全額返金保証は

徹底的に勉強して、「合格間違いなし」と思われた人が、万が一、不合格だった時の保険

のような制度、と考えたほうがよいでしょう。

あくまで合格を目標に切磋琢磨された方への救済制度の位置づけであり、「不合格者」になった全ての方に全額返金される訳ではありませんので、注意が必要です。

フォーサイト宅建講座の「全額返金保証制度」については、別の記事にくわしくまとめましたので、気になる方はそちらをチェックしてください。

フォーサイト宅建講座の「全額返金保証制度」
フォーサイト宅建講座 返金制度がアツい! 不合格なのに「全額返金保証制度」とは? その秘密を探る! こんにちは、ジュンです。 今回は、通信教育会社フォーサイト(foresight)宅建講座の「全額返金保証制...

 

キャリアアップに最適な、ダブルライセンス割引制度

「ダブルライセンス割引制度」とは、簡単に言えば「一度フォーサイトで通信講座を受講した方は、2回目以降に割引を適用してもらえる」という制度のことです。

たとえば、今年宅建士を取得し、来年度はステップアップとして行政書士講座を安い受講料で受講するなど。

継続的にキャリアを向上させたい方は、金銭的に有利なダブルライセンス制度をぜひ検討してみてください。

フォーサイトと他社との受講料の比較

他社の宅建士講座と比べてフォーサイトがどれくらいの価格帯なのか、受講料の比較を見てみましょう。

スクール(企業) 講座/コース 受講料
スタディング 合格コース 19,800円
フォーサイト バリューセット1 59,800円
クレアール 完全合格パーフェクトコース 64,800円(キャンペーン中は38,500円)
ユーキャン 宅建講座 63,000円
アガルート ゼロから合格カリキュラム 22,946円
スタケン 宅建講座 32,780円
TAC 総合本科生SPlus 156,800円
LEC プレミアム合格フルコース 154,000円
大原 週2合格コース・入門パック 156,800円

以上のとおり、主な宅建士通信講座の受講料は、1~6万円台と15万円台との二極化しています。

フォーサイトは低価格グループの中では高価な方であり、全体的に見れば平均的な価格帯です。

だからといって、「フォーサイトの講座は平均的な内容」ということは決してありません。

ここまで見てきたとおり、フォーサイトには様々な長所があり、十分に価格以上の価値があります。「コストパフォーマンスの良さは1~2位を争う講座」といえるでしょう。

ただ、どうしても「高い受講料は払えない」「価格がネック」という方は、スタディングをチェックしてみては如何でしょうか?

スタディング 宅建士講座
スタディング宅建講座の評判・口コミを、合格者が語り尽くします!  【2021年10月31日(日)まで】 スタディング秋の感謝祭 全商品10% OFFクーポンプレゼント実施中! =>ス...